孫文は米国人、オバマ大統領の先輩だった―SP華字紙

2011年6月7日 11時44分 (2011年6月10日 00時17分 更新)

6日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「孫文は米国国民だった」を掲載した。史料整理中に孫文が米国籍を取得していたことを示す書類が発見されたという。写真は天安門広場に飾られた孫文の肖像。(Record China)

[拡大写真]

2011年6月6日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「孫文は米国国民だった」を掲載した。

今年7月4日の米国独立記念日、米国在台湾協会は台湾の国父記念館と共同で「孫文と米国展」を開催する。その史料整理中に思わぬ発見があったという。それが孫文の米国国民身分を示す書類だ。米国在台湾協会広報官は、アジアの民主主義国誕生を助けるために米国政府は孫文に米国籍を与え、清朝が勝手に逮捕できないようにしたと説明している。

【その他の写真】

一方、国民党党史館の邵銘煌(ジャオ・ミンホアン)主任は異なる見解を示している。米国での活動に有利になるよう、華僑の進言を聞き入れて米国籍を取得したのであり、いわば「方便だった」と説明している。

またハワイのプナホウ・スクールで勉強していたことを示す書類も見つかった。オバマ米大統領の先輩ということになる。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
孫文が愛した日本人妻、求婚時は14歳―日本
孫文の自筆原稿か、民主思想や戦争理論など記載―福建省泉州市
<在日中国人のブログ>偉大な革命家・孫文は100年前から「日中の連合」を夢見ていた
孫文の孫娘・孫穗芬さんが台湾で死亡、享年72=交通事故による多臓器不全―中国メディア
<孫文朝鮮血統説>韓国教授の学説、ネットユーザー2割が「不快感」―中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品