<ビックリ中国事情>抗がん剤の代わりに南京虫を食べる中国人!

2011年9月15日 04時05分 (2011年9月17日 00時17分 更新)

14日、肺がんと戦う雲南省の王さんは、なんと生きた南京虫を食べて痛みを抑えているという。(Record China)

[拡大写真]

2011年9月14日、肺がんと戦う雲南省の王さんはなんと南京虫(ナンキンムシ=床虱)を食べて痛みを抑えているという。

【その他の写真】

雲南省曲靖市陸良県に住んでいる王建さんは肺がん末期の病を患っている。抗がん剤の効きが悪くなったのか、王さんは民間療法で毎日生きた南京虫(ナンキンムシ)を50匹も食べながら痛みを抑えている。

陸良県の人口は3563人で、化学工場に隣接する鎮興隆村は、がん患者が多く、「死亡村」という怖い名前も付けられているほどだ。汚染がひどいこの村では毎年6、7人が、がんで亡くなっており、王さんもとても絶望的だという。(翻訳・編集/kurenai)

【関連記事】
<ビックリ中国事情>「野獣」のお見合い相手は白衣の天使!!
<ビックリ中国事情>農民が36万円で作ったUFOは飛べるか
<ビックリ中国事情>大人気のアルパカ…。出演料は363万円!
<ビックリ中国事情>中国の子供の可愛い髪型は?
<ビックリ中国事情>道路のど真ん中に巨大なハートが…

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

 23日、英中部ストラトフォード・アポン・エイボンで、シェークスピアの生誕450年を祝って打ち上げられた花火と、炎でつくられたシェークスピアの顔(ロイター=共同)

シェークスピア生誕450年 英故郷で祝賀の花火

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」