0

毎日約300人が「室内空気汚染」で死亡 市民の認識不足=中国

2012年5月10日 12時19分 (2012年5月13日 00時12分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
 中国メディア・中国網は10日、中国における室内空気汚染による死亡者数が年間約11万人にのぼり、交通事故による死者数と同水準であることを伝えた。

 このデータは、中国室内装飾教会環境検査測定センターによる調査で明らかになったもの。記事は、室内空気汚染に対して一般市民が明確な概念を持っていないことが、汚染を「隠れた殺人者」として各種建築物にひそませている原因の1つであると伝えた。

 中国建築装飾情報協会諮問委員会の呉恩振副事務局長は、空気汚染コントロール業界の主な問題は「規範化されておらず、各種監督管理体制が未整備であること」との認識を示した。

 業界の規範化のために、中国国際クリーン産業博覧会組織委員会がこのたび全国内装汚染対策コンテストを開催した。コンテストに参加した企業の会長は「企業はコンテストを契機として、市民に室内空気汚染にかんする常識を普及するとともに、科学技術によって健康な室内空気環境を提供するよう努力する」と語った。(編集担当:柳川俊之)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品