0

韓国が中韓軍事協定の締結を計画 中国は応じるか?

2012年5月23日 07時59分 (2012年5月25日 00時12分 更新)
 韓国聯合通信によれば、韓国国防部のキム・ミンソク報道官は21日の定例会見で、中国と軍需支援協定の締結交渉を進めていることを明らかにした。韓国軍は2009年にロシアと類似の協定を締結している。中韓両国は数年前から海上における人道目的の捜索・救援の合同訓練を行っており、相互軍需支援協定のような協定を結ぶ必要があるという。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 中韓、日韓の協定はランクが違う

 韓国の軍事事情に詳しい中国の軍事専門家は、公表された内容から、日韓の相互軍需支援協定は主に支援物資が対象で、軍備品や軍事装備は対象外になると見ている。そのほか、適用範囲が海外部隊であることもキーポイントだ。

 同専門家によると、韓国側が提案した中韓軍事協定は日韓が締結する協定よりワンランク下になる見通し。北大西洋条約機構(NATO)の準加盟国が中国と軍事同盟に似た関係を結ぶことはなく、中韓海軍のホットライン開設が長期棚上げされているのもこの問題があるためだ。

 中国は応じるのか?

 中国の専門家は、韓国側の提案は一種の外交であり、中国の日韓軍事協力に対する懸念を取り除くことが最大の目的だと見る一方で、「韓国側がこれを機に中韓の軍事協力を深め、中朝関係をけん制したい考えであることも否定できない」とした。(編集担当:米原裕子

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品