0

毛沢東死去37周年…巨像に花、記念活動も=中国

2013年9月10日 12時08分 (2013年9月17日 00時12分 更新)

 9月9日で、中国で“建国の最大の功労者”とされる毛沢東主席が死去して37年となった。中国では、今なお全国に残る像に花がささげられた。北京市内では関連書物の出版記念座談会が開催された。(写真は「CNSPHOTO」提供)(サーチナ)

[拡大写真]

 9月9日で、中国で“建国の最大の功労者”とされる毛沢東主席が死去して37年となった。中国では、今なお全国に残る像に花がささげられた。北京市内では関連書物の出版記念座談会が開催された。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 毛沢東主席は1893年12月26日に、湖南省で生まれた。76年9月9日に北京市内で死去。82歳だった。中国共産党創立党員の1人。ソビエト共産党の指導を絶対視する路線に批判的だったために「冷遇」されたこともあったが、1934年1月15日のた中国共産党中央政治局拡大会議(遵義会議)をきっかけに、実権を握ることに成功した。

 その後、日本との戦争に耐え抜き、戦後は国共内戦に勝利。1949年10月1日に、北京市中心部の天安門上で、中華人民共和国の成立を宣言した。その後、独裁体制は強化され、「毛沢東」という存在そのものが神格化されていった。

 1956年には、中国共産党に対する批判を歓迎する「百花斉放百家争鳴」運動を始めるが、57年には批判者を大弾圧する反右派闘争を発動した。

 58年には大躍進政策を開始。経済面で米国や英国を数年で追い越すとした。現実を無視した増産で、天候不順も重なったために全国で2000万-5000万とみられる餓死者が出たとみられている。

 大躍進には、伝統的ま土法炉で鉄の大増産を図ったが、できた鉄は品質が悪く工業材料として使い物にならなかった。燃料として木炭を大量に使ったので、莫大な量の樹木が伐採され、現在に至るまで洪水が多発する原因になった。

 鉄鉱石や砂鉄が足りなくなり、人々は鍋や釜、農具までを拠出させられ、生活が難しくなった。農作物を食い荒らすとして人々を大量動員してスズメの撲滅運動を行ったため、害虫が大量発生して農業生産が大打撃を受けた。

 状況が最も深刻だったのはチベット地域で、中国社会科学院の1989年の発表では餓死者は1500万人、外国の研究者によると3000万人に達した。

 毛沢東も大躍進の失敗を認め、国家主席の座を劉少奇に譲った。劉少奇はトウ小平を右腕に、経済建設に着手。農村の危機的状況もやや改善された。

 毛沢東は、大衆の間で自らへの崇拝が根付いていたことを利用し、神格化をさらに推進。そのうえで、文化大革命を発動して劉少奇とトウ小平を失脚させた。

 文化大革命は1960年代半ばから毛沢東の死去までの約10年間続いた。トウ小平など「実権派」を追い落とす政治運動だったが、実権派を攻撃するグループが分裂し、互いに武力闘争を繰り返した。

 内モンゴルでは、すでに実態のなかった「内モンゴル人民革命党」に加担して中国からの分離を図っているとして、最大で数十万人が粛清されたとみられている。

 毛沢東の死後、復権したトウ小平は1979年3月30日に、「毛沢東の一生は、中国人民のために不朽の貢献をした」と「ただし、毛沢東にもいかなる人とも同様に、欠点があり、錯誤もあった」と述べた。

 現在でも中国共産党の毛沢東についての公式見解は、「文化大革命中に重大な過ちを犯したが、彼の一生を見れば、中国革命についての功績は過失に比べてはるかに大きい。功績が第一、錯誤が第二」だ。

 文化大革命期までに、全国では大量の「毛沢東像」が作られた。現在では多くが撤去されたが、いくつかは存在する。

 写真は青海省西寧市にある毛沢東の鉄の像。鉄製としては最も大きなもので、像本体の高さは7.1メートルある。完成は1968年12月26日。9月9日には、花がささげられた。

 同日には北京市内で毛沢東関連書籍が複数出版され、記念座談会も開催された。

**********

 中国では現在でもおおむね、毛沢東が敬愛あるいは崇拝の対象になっている。一方で、文化大革命は否定されており、中国共産党の毛沢東評価は、ほぼ根付いていると言ってよい。

 中国語では人物名に敬称をつけない場合も珍しくないが、毛沢東の場合には「毛主席」と呼ばれる場合が一般的だ。周恩来首相は「周総理」と呼ばれる。

 毛沢東に対する好感情の背景には、現在の共産党幹部への批判も存在する。腐敗があまりにもひどすぎるとして、「毛主席や周総理には大失敗もあったが、金銭関連では清廉だった」との考え方だ。

 ただし、毛沢東や周恩来に対してきわめて批判的な人も存在する。金銭面についても「絶対的な権力を持つのだから、何でも手に入る。金銭にこだわる必要がなかっただけだ」といった意見を示す人もいる。

 なお、文化大革命については否定的な面が強調されるが、同時期に中国がまったく停滞していたわけではない。中国初の原爆実験成功は文革直前の1964年だったが、文革を開始した67年には水爆実験に成功するなど、その後も核実験を重ねた。

 1970年には初の人工衛星、東方紅の打ち上げに成功。また、1960年に建設を始めた南京長江大橋が68年に完成するなどの建設事業も続いていた。(編集担当:如月隼人)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品