0

<韓国旅客船沈没>修学旅行で乗船の高校、当初はセウォル号に乗る予定ではなかった―中国報道

2014年4月24日 11時32分 (2014年4月30日 06時26分 更新)
中国国営新華社通信のニュースサイト・新華網は24日、「韓国メディア:檀園高校、当初はセウォル号に乗る予定ではなかった」と題した記事を掲載した。
韓国メディア・NEWS1が23日に公表した資料によると、昨年7月に檀園高校が2014年度の修学旅行計画を立てた際はセウォル号ではなく、別の「Ohamana」号を利用する予定だった。資料に記載されている日程表によると、4月15日午後4時30分に学校を出発し、5時30分に仁川に到着、6時20分に「Ohamana」号に搭乗することになっていた。
なぜ修学旅行生が乗るフェリーが変更されたのか、疑念が噴出している。保護者の1人は「子どもたちが日程表どおりに『Ohamana』号に乗っていれば、修学旅行を無事に終えることができた。なぜフェリーが変更されたのか、学校と旅行会社にきちんと説明してほしい」と訴えている。
これについて、檀園高校の関係者は今のところ何のコメントも発表していないが、京畿道教育庁を通じてマスコミの疑問に応えるとしている。同校の修学旅行を担当した旅行会社はセウォル号に変更した理由について、「清海鎮海運の責任者に聞いてほしい」と話している。「Ohamana」号とセウォル号はいずれも同海運が所有する6322トン級の旅客船。
(編集翻訳 小豆沢紀子

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品