日本で反「嫌韓デモ」パレード=韓国ネット「心の中では嫌韓のくせに」「こういう日本人もいるんだね」

2014年7月28日 13時36分 (2014年7月31日 00時03分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

20日、最近の嫌韓デモに対して「差別反対」を訴えるパレードが大阪で開催された。これについて、韓国のネットユーザーたちが意見を寄せている。写真は大阪・通天閣周辺。(Record China)

[拡大写真]

2014年7月28日、日本では嫌韓デモの同義語として「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」が用いられるほど、嫌韓が社会的な問題となっている。一方で、これらの嫌韓を自省しようと呼びかける声が各地であがっている。

【その他の写真】

20日、大阪で嫌韓デモに反対するパレードが行われた。参加者は主催した市民団体の予想をはるかに超える2000人に上り、「差別反対」「日韓友好」などの掛け声とともに反嫌韓デモを訴えた。

この様子が韓国で報じられると、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられた。以下はその一部。

「したいようにしたら良い。心の中は嫌韓のくせに、表面的には知性のあるフリをするのか?」

「嫌韓にも友好にも、関心ないね」

「嫌韓デモをするような者たちは、何をしているか分からないようなならず者たちだよ。普通の日本の人たちが見ても、きっと嫌悪感をもつと思うよ」

「韓国人が反日デモを行うときには、日本のように第三者の視点で意見を言ってくれる人がいなかった」

「結局、日本は韓国と一緒に共存しなければならない国なのです。アジアの中で民主主義が成熟した国は、韓国と日本しかないのですから。過ぎ去った歴史を変えることはできませんが、許すことはできます。でも、右翼は許せません。純粋な日本の人たちを混乱の中に陥れ、嫌韓デモを主導しているのではないでしょうか?しかし、真実に目を向ける日本の人たちも意外に多いんですね」

「気にしないで。われわれも韓国が好きな日本人にだけ良くしてあげたらいいんだから」(翻訳・編集/まるみ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品