日本の大学でハブられたフランス人女子の話・・中国ネット「日本人、怖えぇ~!」

2015年1月8日 06時47分 (2015年8月10日 21時50分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
中国版ツイッター・微博に10万人のフォロワーを持つという中国人インターネット・ユーザーが6日、スウェーデン人の同僚が日本に留学していた当時のエピソードを微博上で紹介し、注目を集めた。書き込みはこんな内容だった。
同僚のスウェーデン人男性が日本の大学に留学していた時の話を聞いた。同じ科に相当自由なフランス人女子学生がいて、彼女は遅刻や早退ばかりしていたという。
そんな彼女がある日、急ぎの実験を抱えていて、実験器具を予約していた日本人学生がまだ来ていないのをいいことに、器具を先に使ってしまった。日本人学生がやって来ると、彼女はぶりっ子風に「ごめんなさぁい!私、とても急いでるの。ちょっと貸してくれない?」とお願い。すると日本人学生は何も言わずにその場を立ち去った。
それ以来、フランス人女子学生は日本人から仲間外れにされ、彼女が近付いてくると日本人たちがささっと逃げていくようになったという。私は同僚からこの話を聞いて、大笑い。「こういう時、切腹して謝ったらいいの?」と同僚に聞くと、彼は「まあ、切腹っていうより、土下座だよね」と言っていた。
この書き込みにほかのネットユーザーたちが続々とコメントを寄せた。一部を拾ってみる。
「自業自得だけど、日本人、怖ぇぇ~!何も言わずに立ち去るって・・・」
「日本人を欺かないほうがいいね」
「日本人ってなんでその場でイヤだって言わないんだろう・・・?」
「その時には反撃しないで、後で逆襲!」
「自分がやったことだから、仕方ない」
「ざまーみろ、だな」
「マジ笑える」
「日本人ってこんなに根に持つ感じ?」
「文明人が怒りを表現する方法」
「原則を貫き通す民族は、大体優秀だ」
「どっちも怖いわ・・・」
「よくやった」
「日本のゲームのルールだと、お寺や教会に大金を寄付すると汚名がそそがれるよね」
(編集翻訳 恩田有紀

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品