0

中国、韓国から毎年1500人の“ニセ留学生”、違法学校4校を摘発―米国

2015年3月14日 22時28分 (2015年3月17日 00時01分 更新)

13日、香港紙・明報は米カリフォルニア州で中国、韓国からニセ留学生を受け入れていた学校4校が摘発されたという。違法滞在ほう助などの罪を問われている。写真はロサンゼルスのコリアンタウン。(Record China)

[拡大写真]

2015年3月13日、香港紙・明報は米カリフォルニア州で中国、韓国からニセ留学生を受け入れ、授業も行っていなかった違法学校4校が摘発されたという。参考消息網が伝えた。

【その他の写真】

11日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで学校経営者3人が違法滞在ほう助、マネーロンダリングなどの容疑で逮捕された。いずれも韓国系米国人。摘発された学校4校のうち3校はコリアンタウンに位置している。

摘発された学校4校は韓国、中国から毎年1500人の“ニセ留学生”を受け入れていた。1人あたり6カ月で1800ドル(約21万8000円)の学費を徴収。累計で600万ドル(約7億2800万円)を受け取っていた。これほどの学費を受け取っていながら、ほとんど授業は行われず学校はほぼ空っぽ状態。ニセ留学生は米国滞在ビザを手にした後は学校に寄りつかず、米国で働いていたとみられる。(翻訳・編集/増田聡太郎

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品