1

ミラノ万博で韓国館のキムチが大好評、日本館には厳しい評価も・・韓国ネットは「またキムチ?」「実際は日本料理が…」

2015年5月22日 05時52分 (2015年7月1日 12時40分 更新)
20日の韓国日報によると、5月1日に開幕したミラノ国際博覧会(ミラノ万博)で、韓国館が絶賛されているという。
「食」をテーマにした今回の万博で、韓国館は「韓国料理、未来への提案:食、それこそが生命だ」を主題に掲げ、肥満と飢餓、インスタント食品の過剰生産と食料資源の枯渇といった食に関する問題点を浮き彫りにすると同時に、「調和」「発酵」「保存」をキーワードに韓国の食文化を紹介している。万博の公式サイトは「エキスポで絶対見逃せないベスト10」の5位に韓国館を選び、イタリア紙イル・ジョルナーレは韓国館を「最も魅力的な国家館。本質的で完璧な展示だ」と紹介した。
韓国館に設置されたレストランも「調和」「癒し」「長寿」という3種類の膳を提供し、熱烈な支持を受けている。イタリア最大の日刊紙コリエールデラセーラは「韓国の伝統的な白菜発酵食品であるキムチは、30分間並んで試食するだけの十分な価値がある」と絶賛した。
一方、イタリア紙リベロは韓国館と日本館のレストランを比較している。韓国レストランを「清潔で親切で、盛り付けが優れている」と激賞する一方、日本館は「モニター画面を通じた注文、ファーストフードレベルのインテリアとサービス、高い価格などに失望した」と酷評した。日本レストランのメニューは100ユーロ以上、韓国レストランの全メニューは20~22ユーロだという。
韓国館の入場者数は、政府目標の1日約1万人を大幅に上回る1万1755人となっており、2週間で15万人を突破した。
この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
「それじゃ、なぜ外国で韓国料理は人気がないの?記事だけでは分からないことが多い」
「またキムチ?韓国は自国を持ち上げすぎ」
「外国人に無理やりキムチを食べさせないでほしい。ハリウッドスターをマーケティングに使うのもいい加減にしてほしい」
「キムチはおかず。私たちもおかずにしているのに、キムチだけを食べておいしいという外国人がいるかな?」
「この記事、本当?外国人はキムチの匂いが嫌いじゃないの?」
「韓国料理はビジュアルが今一つで、食べたいと思わない外国人が多い」
「そんなに人気だと言われるキムチが、今ではほとんど中国産という記事を記者は見てないのか?」
「世界で認められているアジア料理は和食とタイ料理」
「韓国人は毎日肉を食べていながら、なぜ外国人にはキムチを勧めるの?」
「今回はちゃんと準備していったんだね。素晴らしい」
「イタリアに暮らして4年。ここでは韓国も韓国料理も知られていない。日本や他の国は祭りなどを開いて食べ物を紹介しているが、韓国はそういうイベントをしない」
「うれしいな。自慢のキムチだ」
「現地の報道も紹介されているのに、なぜ疑う?韓国政府がウソをついてきたから、記事になると何でも疑う習性がついてしまった」
「この記事が本当なら、海外で韓国料理がもっと売れてもいいのに、実際は日本料理が人気」
「日本と比較するな。他国を踏みにじってしか、上に上がれないのか?大衆化に成功した日本をうらやましく思う必要もない」
「日本では日本が一番だと紹介されているだろうな」
(編集 MJ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    韓国日報は自国の良いところを探すのに苦労している。そろそろネタ切れか?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品