イ・ビョンホン、「ターミネーター5」の日本版ポスターから除外=韓国ネット「日本で人気がなくなったら終わり」「サムスンも自社ロゴを消した」

2015年5月27日 13時11分 (2015年5月30日 00時02分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

26日、韓国メディアによると、「ターミネーター5」の日本版ポスターから韓国俳優のイ・ビョンホンが除外されており、韓国内で話題となっている。写真はイ・ビョンホン。(Record China)

[拡大写真]

2015年5月26日、韓国・YTNニュースによると、「ターミネーター5」の日本版ポスターから韓国俳優のイ・ビョンホンが除外されており、韓国内で話題となっている。

【その他の写真】

最近、日本で映画「ターミネーター5」のポスターが公開されたが、液体金属型ターミネーターT-1000役を演じたイ・ビョンホンの姿はなかった。日本でイ・ビョンホンは「ビョン様」と呼ばれるほど人気が高く、映画「G.I.ジョー」の公開当時は、ハリウッド版にはなかったイ・ビョンホンのポスターが特別に制作された。そのため「今回のポスターはやや意外だ」との意見が相次いでいる。

このニュースに、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「ビョン様?初めて聞いた」
「スキャンダルが多くてイメージが悪いから除外されたんだよ」

「日本人の選択は正しい。映画には5分も登場していないだろう」
「通行人の役だったんじゃない?」
「韓国に続いて、日本でもイメージが悪くなったようだ」

「映画をヒットさせるために、あえて除外したのか?」
「日本で人気がなくなったらもう終わり。芸能界引退を考えた方がいい」

「不思議なことに、少しも悔しくない。イ・ビョンホンがポスターに登場しないのは当然だと思う」
「日本人に使ってもらうため、サムスンも自社ロゴを消した。映画をヒットさせるためにビョンホンを消したのだろう」(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品