0

米トランプ氏「北朝鮮問題を解決しないなら、中国を潰してしまえ」 中国で怒りの声続々

2016年1月8日 15時59分 (2016年1月11日 00時00分 更新)

これまで、テロ問題などに絡むイスラム教徒に対する排他的発言で、強い批判を浴びつつも支持層を広げてきた米大統領選のドナルド・トランプ共和党候補が、今度は北朝鮮と中国問題で「吠えた」。「北朝鮮問題を解決しないならば、中国を潰してしまえ」と述べたという。環球網が報じた。(イメージ写真提供:(C)Visions Of America LLC/123RF.COM)(サーチナ)

 これまで、テロ問題などに絡むイスラム教徒に対する排他的発言で、強い批判を浴びつつも支持層を広げてきた米大統領選のドナルド・トランプ共和党候補が、今度は北朝鮮と中国問題で「吠えた」。「北朝鮮問題を解決しないならば、中国を潰してしまえ」と述べたという。環球網が報じた。

 トランプ候補は続けて「貿易関税を引き上げるか、貿易そのものを中止してしまえば、2分以内に中国は崩壊する」と述べたという。米テレビ局のCNNの取材に答えて6日、北朝鮮が7日に核実験を実施したことについての考えを披露した。

 トランプ候補の「ロジック」はこうだった。そもそも中国が、「世界の警察官」を米国が務めていることを嫌がった。「ピョンヤンが引き起こした問題は北京が解決する」ことを望んだ。トランプ候補は「だったら、中国は身を挺してこの問題を解決せねばならない。中国が援助しなかったら、北朝鮮人はメシも食えないんだ」と主張。現在の米国の役割は「中国に圧力をかけて、北朝鮮問題の処理に着手させる」ことで、そのために「貿易停止」も辞さないべきという。

 環球網の記事に対しては、怒りのコメントが次々に寄せられた。2008年の金融危機の際には中国に助けてもらったはずと主張し、さらに安価な中国商品を買い、国債は中国にもらっていると指摘する意見がある。

 さらに、「頭のおかしい奴に米国大統領になってほしいよ。それが米国に対する罰だ」との皮肉る投稿や「トランプのように素養がなく、知性がなく、能力がなく、道徳性もない人物が大統領選挙に出馬するなんて、米国人に対する侮辱さ」と、ストレートにトランプ候補を批判するんなど、反発の仕方はさまざまだ。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:(C)Visions Of America LLC/123RF.COM)


【関連記事】
対北朝鮮「援助交際」に批判、中国政府は苦しい釈明
北朝鮮「水爆も作ったぞ」と表明  中国メディアが世界の「冷たい反応」を紹介
北朝鮮の核実験:中国ではネット民が「異常な国」など罵倒の嵐、「わが国にも責任」の声も
北朝鮮の核実験:中国政府が強い不満を表明、「事前に全く知らされていなかった」
北朝鮮の核実験で中国に被害 校庭に亀裂、生徒が避難 金正恩の「生誕日」に捧げる実験か

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品