0

女子高生1人だけ使っていたJR北海道の駅、卒業待って閉鎖へ、心遣いに中韓から感動・称賛の声続々

2016年1月10日 11時30分 (2016年1月13日 00時01分 更新)

10日、唯一の利用客だった女子高生が卒業する3月末を待って閉鎖を決めたJR北海道の駅が中韓両国で紹介され、両国のネットユーザーの関心を集めている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2016年1月10日、韓国・国民日報はこのほど、唯一の利用客だった女子高校生が卒業する3月末を待って閉鎖を決めたJR北海道の駅を紹介、韓国のネットユーザーの感動を呼んでいる。このニュースは中国でも報じられ、その心遣いにネットユーザーから称賛の声が集まった。

この駅は、JR北海道のローカル線・石北線の旧白滝駅。JRで「旧」の文字が最初に置かれている唯一の駅でもある。

現在、列車は往復で午前7時と午後5時の2回だけ停車する。女子高生の通学時間に合わせたためだ。周辺の人口が減少し、閉鎖が検討されてきたが、女子高生が今春に卒業し、大学に進学することから、JR北海道は引き延ばしてきた閉鎖日を3月26日に決めた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「女の子1人のための配慮が感動的」「本当に温かい話だ。ほほえましい」「韓国だったらすぐに閉鎖されている」「子どもを産めと口先だけで言いながら、島しょ地域の廃校を推進中のヘル朝鮮(韓国をやゆした言葉)とは全く違う」「これが日本と韓国の違い」などの書き込みが相次いだ。

半面、韓国ネットらしい「日本は敵だが、尊敬する」「歴史認識を除けば日本は良い国」「日本は本当に自国民にとっては良い国だ」といった意見も目立った。

旧白滝駅は中国でも話題となり、ネットユーザーは「人情味があるな」「愛があふれてる」「確かに日本のこういう血の通った公益事業は素晴らしい。日本人の精神は学ぶべき」「中国ではあり得ない。中国政府は国民のことを考えるべきだ。口だけでは国民の信用は得られない」「これが本当の意味での人民への奉仕」などのコメントを多く寄せた。

一方で、韓国同様に「民族の恨みを別にすれば、日本は本当に学ぶべきところの多い国だ」「歴史と政治を除けば、日本に対しては好感が満ち満ちている」などの指摘も少なくなかった。(編集/大隅)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品