2015年の訪日外国人客数1974万人、前年比5割増=中国人客は2倍強の500万人、「爆買い」ブームで急増―日本政府観光局

2016年1月19日 11時10分 (2016年1月22日 00時01分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

19日、日本政府観光局が発表した2015年の訪日外国人客数は、1974万人と、前年(1341万人)を47%も上回る過去最高となった。特に「爆買い」という流行語にもなった中国人訪日客が大幅に増えた。写真は銀座の中国人観光客。(Record China)

[拡大写真]

2015年1月19日、日本政府観光局が発表した2015年の訪日外国人客数は、1974万人と、前年(1341万人)を47%も上回る過去最高となった。円安やビザ(査証)の発給要件の緩和、国際航空路線拡充などを背景に、中国をはじめとする東アジア諸国から訪日客が急増した。

国別では、「爆買い」という流行語にもなった中国人訪日客が前年比107%増(2倍強)の499万人と大幅に増えた。以下韓国400万人(前年比45%増)、台湾367万人(29%増)、香港152万人(64%増)の順。

政府は2020年に外国人訪日客を2000万人とする目標を掲げているが、15年に肉薄したことになり、大幅な前倒しで今年達成する見込み。

訪日外国人消費動向調査によると、15年の訪日客の旅行消費総額(買い物や宿泊、飲食などに費やした金額)は3兆4771億円と、過去最高だった14年の2兆278億円を大きく上回った。日本経済の押し上げ要因となったことが改めて浮き彫りになった。(八牧浩行

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品