5

この分野では中国が日本に圧勝!=「中国の科学技術の未来に自信を持てた!」「こんなにもすごいのになぜ自動車エンジンが造れない?」―中国ネット

2016年12月14日 10時30分 (2016年12月17日 00時00分 更新)

13日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国が日本に圧勝している分野について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2016年12月13日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国が日本に圧勝している分野について紹介する記事を掲載した。

中国が日本に圧勝している分野とは、人工知能の分野だ。人工知能では米国と中国がリードしており、国際学会で発表される論文数でも、2010年から15年間を見ると米国が1281件、中国が413件なのに対し、日本は75件だけである。また、米中共同研究による論文が80件であるのに対し、日米共同研究による論文はわずか6件に過ぎない。

記事は、中国の多くの企業が人工知能の開発を進めており、空前のブームになっていると紹介。とりわけ音声認識技術では突出していて、中国語圏では中国の人工知能技術による音声識別技術が普及するだろうとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の科学技術の未来に自信を持てたよ!」
「人工知能分野だけではない。ほかの業界でも軒並み日本は反撃できなくなっている」

「これにおごることなく、引き続き努力しないと」
「珍しく日本を超える分野があったからみんな喜んでいるが、現実を直視し、差を認め、自分を神話化すべきではない」

「でも一流の成果は一つも発表されていない」
「中国はこんなにもすごいのに、なんで自動車エンジンが造れないの?」

「米国の大学が出す論文の半分は中国人のおかげだと思うよ」
「論文の数なんて重要ではない。重要なのは質だ」
「不動産ではとっくの昔に圧勝しているけど」(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 名探偵? 通報

    論文が多いから優秀だとか日本を追い抜いたとか?問題は、人工知能を実現し実用化してから喜べよ。日本に足救われて泣き見るのは目に見えてるんだよ能無し!

    5
  • 匿名さん 通報

    中国の不動産なんて土地は永久に政府のもの70年や100年の借地権に何の意味があるのか、資本主義社会ではサギ同然、それを自慢するなんて馬鹿丸出し。 人口知能技術だって革新的で具体的な完成形は何かある?

    3
  • 関羽雲長 通報

    山、高きが故に、貴からず。論文は質が重要です。論文の数が多いったって、「コシヒカリ」を登録商標に登録するパクリの中国ですから中身がねェ・・・。

    2
  • トランプ 通報

    チャイチャイ人工知能の脅威が、旧来の米国イスタブーリッシュメントでは役に立たないから、戦略的にトランプとSNSやアップルほかIT産業を選択した。チャイチャイと米国の血みどろの戦いがはじまっている。

    2
  • 馬鹿な中国人 通報

    日立はアニーリングモデルのAIで、富士通はAIのタイプの異なるモデルを統合して実践的成果を得ていて、大規模データベースタイプとは一線を画す成果を発表済み、中国報道はただの机上の空論

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品