9

「また日本に先を越された」「日本が滅びることはなさそう」=日本の“イプシロン打ち上げ成功”に韓国ネットも大注目!

2016年12月22日 19時00分 (2016年12月25日 00時00分 更新)

21日、韓国メディアによると、日本が小型ロケット「イプシロン2号機」の打ち上げに成功した。このニュースは韓国のネット上でも話題となっている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2016年12月21日、韓国・中央日報によると、日本が小型ロケット「イプシロン2号機」の打ち上げに成功した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日午後8時、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から「イプシロンロケット2号機」を打ち上げた。約13分後に搭載されていた科学衛星が予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

「イプシロンロケット2号機」はJAXAが開発し、IHI(石川島播磨重工業)が製作した。米国やロシア、欧州メーカーがし烈な争いを繰り広げている小型衛星打ち上げ市場に挑戦するため、液体燃料ではなく、日本が独自製作した固体燃料を推進剤に使用し、「低コスト、高性能」を実現した。打ち上げ費用は約50億円で、日本の代表的な液体燃料ロケット「H2A」のほぼ半分だという。

今回打ち上げられた科学衛星は「あらせ」と命名された。重量は約350キログラムで、高度約300~3万キロの楕円軌道を回り、地球周辺の宇宙空間に広がる電磁波などを観測する。

このニュースは韓国のネット上でも話題となり、ネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「すごい。称賛に値する快挙だ」

「うらやましい。韓国には泥棒が多過ぎるから無理…」

「日本とはさまざまな分野で差が大きいと感じる」

「無能な政府のせいでまた日本に先を越された」

「日本は生命工学分野も米国と同レベル。ロボット工学分野も世界最高レベルを誇っている。日本が滅びることはなさそうだ」

「日本の研究員には純粋に研究を楽しんでいる人が多いから」

「核を搭載したら核ミサイルになるのでは?危険な武器を持つ北朝鮮と日本に囲まれているというのに、韓国政府は一体何をしているのか…」(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    「無能な政府のせいでまた日本に先を越された」じゃなくて、無能な国民(政府も国民だろ)じゃねーのか。責任転嫁し続ける国民性だにゃー

    38
  • 匿名さん 通報

    こっちを見るな、ストーカー民族。

    23
  • 匿名さん 通報

    大日本様と並べるんじゃないかと思ってることがそもそもの間違い、そういうのを身の程知らずという

    22
  • 匿名さん 通報

    半島の低レベルなクオリティーは毎度 笑える┐( ̄ヘ ̄)┌

    19
  • 匿名さん 通報

    日本は近いうちに沈没するなんて話(ガセネタ)を信じて期待している韓国じゃぁ越えられないね… 韓国は相手にしていないのでいちいち反応するな‼︎

    16
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品