韓国、25年間で自殺率が3.6倍に=「生きていくこと自体が厳しい」「死ぬ勇気がないから仕方なく生きているようなもの」―韓国ネット

2017年1月8日 16時30分 (2017年1月11日 00時00分 更新)

3日、韓国の自殺率が直近25年間で3.6倍に増加したことが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウル。(Record China)

[拡大写真]

2017年1月3日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の自殺率が直近25年間で3.6倍に増加したことが分かった。

ソウル大学医学研究院人口医学研究所所属のパク・サンファ博士のチームは1985~1989年と2010~2014年の韓国統計庁の死亡統計に集計された自殺率(10万人当たりの自殺者数)を比較した結果、2010~2014年の自殺率は29.6人で、25年前(1985~1989年)の自殺率8.2人の3.6倍となった。

自殺者の年齢構成をみると、1985~1989年には20~30代の割合が高かったが、2010~2014年は40歳以上で自殺率が増加した。20~30代が全自殺者に占める割合をみると、1985~1989年には男女ともほぼ半数(男性50.1%、女性50.4%)を占めていたが、2010~2014年には男性23.2%、女性29.7%に減少した。一方、40~59歳の自殺者の割合は、1985~1989年は男性29.1%、女性22.3%だったが、2010~2014年には男性41.6%、女性32.1%に増加した。同期間で60歳以上の自殺者が占める割合も男性は11.7%から33.3%に、女性は15.5%から35.5%に増加した。

研究チームは、「韓国の自殺率は、アジア地域でも最も高い方で、年齢別、性別に応じた自殺予防プログラムの開発が必要」とし、「特に自殺率が増加している40歳以上の年齢層に関心を持たねばならない」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「これが正にヘル朝鮮(韓国を卑下する呼称)の実態」
「自殺の大きな理由は金銭問題だと思う」
「老後の貧困が中高年層の自殺の最大の原因」

「生きていくこと自体が厳しい」
「親の世代よりも生きていくのが厳しくなっていると思う」

「どうせいつかはあの世に行くのだ。この世で苦しみながら一日一日生きていくより、いっそのこと、この世におさらばする方がよいかもしれない」
「今40歳だけど、この一日一日がいつまで続くのか…、考えると憂鬱(ゆううつ)だ」
「痛みがなく死ねるのなら、私もそうしたい」
「私も死にたいと思うけど、その勇気がないから仕方なく生きているようなものだ」

「希望がなくて…」
「不公正な社会構造による剥奪感から来る希望なき社会になって久しい。自殺者も増えるだろう」
「未来が絶望的だから出生率が下がり、現実が絶望的だから自殺率が上がる」(翻訳・編集/三田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品