2

「世界は戦争に近づいている」米英仏で6割超―中国メディア

2017年1月12日 18時10分 (2017年1月15日 00時00分 更新)

12日、米国、英国、フランスで6割を超える人々が「世界は戦争に近づいている」と考えていることが分かった。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年1月12日、米国、英国、フランスで6割を超える人々が「世界は戦争に近づいている」と考えていることが分かった。環球網が伝えた。

英世論調査会社YouGovはこのほど、西側8カ国の約9000人を対象に、世界は戦争と平和のどちらに近づいていると考えているかを尋ねた。

それによると、「戦争に近づいている」と回答した人の割合は米国とフランスがともに64%で、英国は61%だった。一方、「平和に近づいている」は、米国が15%、フランスが18%、英国が19%だった。

YouGovの関係者は、米国人はトランプ次期大統領の政治姿勢の不透明さに、フランス人はテロの脅威にそれぞれ懸念を示していると指摘する。自国で今年、大きなテロ攻撃が発生すると考えている人は、フランスでは81%と高かった。(翻訳・編集/柳川)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    したらどうなるか、第一次第二次戦争で分かっているだろ?「したくない」と「なっちゃいそう」でアンケとってみろよ。

    0
  • 赤鬼 通報

    極端な保護主義経済と時代遅れの覇権主義が蔓延れば、戦争は起こり得る。何故なら、戦争を引き起こすのはジジイ達で自らは戦場に立つことは無い。死の恐怖に震えるは未来を担う若者ばかり。亡国の愚行が戦争だ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品