中国のロッテマートで商品をめちゃくちゃに、警察当局「愚か者でなければ悪人だ」―中国メディア

2017年3月14日 10時11分 (2017年3月22日 12時49分 更新)

13日、中国遼寧省瀋陽市でこのほど、韓国系スーパーマーケットの「ロッテマート」店内で、女性が精算前のインスタント麺を手でにぎりつぶしたり、菓子の袋を開けて食べたり、ジュースをこっそり飲み、ネットに動画をアップしていたことが分かった。(Record China)

[拡大写真]

2017年3月13日、中国遼寧省瀋陽市でこのほど、韓国系スーパーマーケットの「ロッテマート」店内で、女性が精算前のインスタント麺を手でにぎりつぶしたり、菓子の袋を開けて食べたり、ジュースをこっそり飲み、ネットに動画をアップしていたことが分かった。北京時間網が伝えた。

在韓米軍への地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備に対する抗議行動をみられる。店内の商品を好き勝手に荒らした後、女性は店を出る際に中指を立てる動作をしていた。背景には「中国人」と題する曲が流れていた。女性は自らを「吉林省出身」と名乗り、毎日のように動画をアップしていたという。

これに対し、同市公安当局は「愚か者でなければ悪人だ」と強く批判。「今回の案件については対応中。(ネット経由の)通報に感謝する。愛国的な行為は理性的であるべきだ。愛国の名のもとに国に泥を塗る行為は、愚かなのではなく悪質だ」とした。(翻訳・編集/大宮)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品