5

スパコンランキング、中国が1・2位独占=日本勢は東大・筑波大の7位が最高―中国メディア

2017年6月19日 23時35分 (2017年6月22日 00時00分 更新)

19日、スーパーコンピューターの計算速度の世界番付「TOP500」がドイツの国際会議で発表され、中国の無錫スパコンセンター「神威太湖之光」がトップ、2位も中国・広州の「天河2号」となり、中国勢が上位を独占した。写真は神威太湖之光。(Record China)

[拡大写真]

2017年6月19日、スーパーコンピューターの計算速度の世界番付「TOP500」がドイツの国際会議で発表され、中国の無錫スパコンセンター「神威太湖之光」がトップ、2位も中国・広州の「天河2号」となり、中国勢が上位を独占した。新華社が伝えた。

3位は前回より順位を1つ上げたスイスの国立スパコンセンター「ピーツ・ダイント」、4位は米オークリッジ国立研究所の「タイタン」、5位は米ローレンスリバモア国立研究所の「セコイア」、6位は同「コリ」だった。日本勢は東大と筑波大の「オークフォレスト・パックス」が7位、理化学研究所の「京(けい)」が8位で、ともに前回より1つ順位を下げた。

米国勢がトップ3を逃したのは1996年11月以来約21年ぶり。米国勢は「TOP500」に169入ってトップ、次いで中国勢の159だった。日本勢は33で3位、ドイツは28、フランスは18、英国は17だった。

開発企業別にみると、米ヒューレット・パッカードが143でトップ。次いで中国聯想集団(レノボ)の88、米クレイ・インコーポレイテッドの57、中国科曙光の44、米IBMの27の順となった。(翻訳・編集/大宮)

コメント 5

  • 皆語郎 通報

    ホラ見なさい!ある女性議員が「2位じゃダメなんですか?」なんて言うから、今一つ、力が入らないじゃないですか?「1位じゃなきゃダメなんです!」と過去の発言を訂正して貰わないと。

    6
  • 匿名さん 通報

    計速もいいが省エネ必須。で、日本はスパコン省エネランキングGreen500でShoubu(菖蒲)が3期連続世界一16年は2位も日本のSatsuki(皐月)いまや早いだけじゃ!ビジョンが重要!

    4
  • 匿名さん 通報

    専門的なことはわからんが、速いだけならいっぱい並べればいいんじゃないのか?

    0
  • 匿名さん 通報

    ①えーっと…普通に考えて先進国でもない中国が1位2位独占、ってほうがすごいよね?省エネもこれからすぐ追いつくでしょうし。日本の研究者はもはや多くを中国人が占める時代だしね。

    0
  • 匿名さん 通報

    ②もはやどこの大学の重要なポジションにも中国人は必須。スパコントップ10内、省エネトップ10内、各国中国人の研究者は絶対入ってますよー

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品