4

日本人が震災で見せた民度と精神、「大国の勃興に必要な存在」=中国

2017年6月20日 08時12分 (2017年6月22日 00時00分 更新)

日本は地震災害の多い国であり、東日本大震災をはじめ、大規模な震災はこれまで何度も起きている。そのたびに中国で注目を集めるものの1つは、地震被害もあるが被災者の行動だ。(イメージ写真提供:123RF)
(サーチナ)

 日本は地震災害の多い国であり、東日本大震災をはじめ、大規模な震災はこれまで何度も起きている。そのたびに中国で注目を集めるものの1つは、地震被害もあるが被災者の行動だ。
 
 中国メディアの今日頭条は16日、2011年に発生した東日本大震災の時の被災者たちの秩序ある行動を改めて紹介する記事を掲載し、「高い民度と自治精神は日本人の宝である」と論じる記事を掲載した。
 
 記事は、東日本大震災について「未曾有の大災害」であったとしながらも、日本人の行動はすべてに秩序があり、「驚くほど落ち着いていた」と指摘、「なぜ日本人はあのような行動を取ることができたのだろうか」と疑問を投げかけた。
 
 続けて、災害を前に日本人が落ち着いて行動できたのは、日本人がそれだけ災害に対する準備を行っていたからではないかと主張。災害発生時の避難場所を事前に把握し、懐中電灯や飲料水などの避難グッズを用意していた日本人は少なくないとしたほか、幼少の頃から避難訓練などを受け、取るべき行動を知っていたという点も見逃すことはできないと指摘した。
 
 さらに、震災発生時、多くの人が帰宅するために公共交通機関の駅に殺到したが、割り込みや喧嘩は一切見られなかったと伝え、「日本人の民度の高さは深刻な災害時にこそ発揮された」と主張、日本人には大きな困難が生じた際には「団結して立ち向かう」精神があることが見て取れると伝えた。
 
 また記事は、こうした精神があるからこそ日本は明治維新後に短期間で列強となり、第2次世界大戦後も速やかに復興し、経済大国になったのだと主張し、「大国の勃興のためには経済成長だけでは足りず、国民の民度や精神がいかに重要かが東日本大震災でわかった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
仕事で訪日したのに、あまりの良さに「帰国したくなくなった」=中国報道
生卵を食べることができる日本、その衛生管理は「世界一」=中国報道
日本で見た「子どもたちの姿」、勉強に明け暮れる中国とは違う=中国報道
これが日本なんだ!「ケータイを紛失したけど、やっぱり無事見つかった」=中国報道
感謝の言葉しかない・・・日本で大腸がん検査、「これからは日本で受けたい」=中国

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    サーチナ、村山の日本ヨイショ作文、何時迄続くの?

    2
  • nanasi 通報

    中国共産党の教育が悪いと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    勃興に必要な存在=日本を隷属化するようにしか聞こえないんだが。

    0
  • 匿名さん 通報

    地方のガソリンスタンドで多少の騒ぎはありましたが(笑)

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品