中国の大気汚染、北京・天津・河北エリアでPM2.5の濃度悪化―中国紙

2017年7月24日 15時00分 (2017年7月27日 00時00分 更新)

中国環境保護部が19日に発表した統計によると、昨年同期と比べて、今年上半期、中国全土338の地級市以上の都市では、大気の質が「優良」だった日数が減少した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

中国環境保護部(省)が19日に発表した統計によると、昨年同期と比べて、今年上半期、中国全土338の地級市(省と県の中間にある行政単位)以上の都市では、大気の質が「優良」だった日数が減少した。うち、北京・天津・河北エリアの微小粒子状物質(PM2.5)の濃度は前年同期比で14.3%悪化した。経済日報が伝えた。

同部の環境モニタリング司の劉志全司長によると、今年上半期、中国全土の338の地級市以上の都市では、大気の質が「優良」だった日の割合は平均74.1%と、2.6ポイント悪化した。PM2.5の濃度は1立方メートル当たり49マイクログラムと、前年と比べて横ばいだった。PM10の濃度は1立方メートル当たり88マイクログラムと、2.2%改善した。

劉司長によると、今年上半期、中国全土で黄砂が何度も発生し、その影響は23省の208都市に及んだ。今年1月4日に同部が発表した「黄砂の影響を受けた都市の大気の質の評価に関する補充規定」では、黄砂の影響のモニタリングデータを除いて、上半期の中国全土の大気の質の評価を行い、ランク付けするようにと規定されている。

上半期、74都市のうち、大気の質のワースト10位(74位-65位)は、邯鄲、石家庄、■台(■は刑のへんにおおざと)、保定、唐山、太原、鄭州、衡水、西安、済南市だった。一方、トップ10は、上から順に、海口、拉薩、舟山、珠海、惠州、麗水、深セン、福州、厦門(アモイ)、貴陽市だった。

地域別に見ると、北京・天津・河北エリアの13都市では6月、大気の質が「優良」だった日の割合が平均34.1%と、前年同期比で14.2ポイント悪化した。上半期では、大気の質が「優良」だった日の割合は50.7%で、同比7.1ポイント悪化した。PM2.5の濃度は1立方メートル当たり72マイクログラムで、同比14.3%悪化した。PM10の濃度は1立方メートル当たり129マイクログラムで、同比13.2%悪化した。

北京市の6月のPM2.5の濃度は1立方メートル当たり42マイクログラムで、前年同期比28.8%改善した。一方、PM10の濃度は、同比11.9%悪化した。上半期、北京市で大気の質が「優良」だった日の割合は55.3%で、5.8ポイント悪化した。PM2.5の濃度は、1立方メートル当たり66マイクログラムで、同比3.1%悪化した。PM10の濃度は1立方メートル当たり96マイクログラムで、同比15.7%悪化した。

長江デルタの25都市を見ると、上半年、大気の質が「優良」だった日の割合は70.5%と、前年同期比2.8ポイント悪化した。PM2.5の濃度とPM10の濃度はそれぞれ、同比9.4%、10.5%悪化だった。

珠江デルタの9都市を見ると、上半期のPM2.5、PM10の濃度はそれぞれ、1立方メートル当たり35マイクログラムと53マイクログラムで、国家二級年平均濃度の基準をクリアした。(提供/人民網日本語版・編集KN)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品