「それがタダ?」「韓国のとは全然違う!」=韓国人が日本の旅館で感動したものとは?

2017年8月9日 22時20分 (2017年8月12日 00時00分 更新)

9日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「湯布院の旅館がサービスで提供している牛乳」と題するスレッドが立ち、話題となっている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年8月9日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「湯布院の旅館がサービスで提供している牛乳」と題するスレッドが立ち、話題となっている。

日本旅行で大分県の湯布院にある旅館に宿泊したというスレッド主は2枚の写真を掲載している。写真には大量の氷の中に置かれたお茶とビン入りの牛乳が写っている。

これについて、スレッド主は「僕が泊まった旅館は、朝限定で大浴場の前に設けられた休憩スペースに牛乳などの飲み物がサービスで用意されていた」と説明し、「その中でも牛乳は特においしく、僕が今まで韓国で飲んでいた牛乳は水だったのではないかと思うくらい濃厚だった。昨年の札幌旅行でも牧場で飲んだ搾りたての牛乳の味に感動したが、またしても感動。韓国はバターを作るために牛乳から脂肪分を分離するから水のようになってしまうのだろうか?それはともかく、また日本の牛乳が飲みたい」とつづっている。

このスレッドに、他のネットユーザーからは「不思議なことに日本の温泉で売られているビンの牛乳は味が格別」「日本と米国の牛乳は本当においしい」など日本の牛乳を絶賛する声や、「それがただで飲めるの?信じられない」と牛乳がサービスで提供されていることに驚く声が寄せられている。

また、「とろっと濃厚で香ばしい味のするビン牛乳を韓国で見つけるのは難しい」「牛乳とウユ(韓国語で牛乳の意)は違うものを表しているらしい」「韓国の牛乳はおいしくない。その牛乳で作った乳製品は言うまでもない」「日本の牛乳がおいしいというより韓国の牛乳に問題があるのでは?」など韓国の牛乳と比較する声も目立った。

一方で「韓国でも牧場で搾りたての牛乳を温めて飲めばきっと感動するよ」との声や、「宿泊費が驚くほど高いのでは?」と指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品