日本の82歳のおばあちゃん、独学でスマホゲームを開発―中国メディア

2017年8月13日 00時00分 (2017年8月15日 00時00分 更新)

「第4回台湾歴史教師中華文化研究・学習キャンプ」一行25人は7月11日、秦始皇帝陵博物院を訪れ、現地見学と交流をを行った。(Record China)

[拡大写真]

日本人女性の若宮正子さん(82)がまだ働いていたころ、計算に用いていたのはそろばんだった。退職後、彼女は独学でプログラミングを学び、スマホゲームを開発した。新華網が伝えた。

そのゲームは日本のユーザーに4万2000回ダウンロードされ、100件以上の好評価を集めている。しかし、独学の道は決して順調なものではなかった。1台目のパソコンのOSをインストールするだけでも、数カ月かかったが、若宮さんはあきらめずに頑張り続けた。BBSで発表されている情報によると、彼女はWindowsやMac OSに慣れつつ、プログラミングなどの能力を徐々に把握していった。若宮さんはインタビューで、健康状態が悪くなっていることをほのめかしたが、「毎日忙しく、病気になっている時間はない」と自分に言い聞かせているという。(提供/人民網日本語版・編集YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品