韓国の宇宙開発にまた遅れ、韓国型ロケットによる月探査実現は不透明に=「結局は技術不足なんだろう」「いっそ北朝鮮と協力すれば?」―韓国ネット

2017年8月13日 00時40分 (2017年8月15日 00時00分 更新)

9日、韓国の科学技術情報通信部が国家宇宙委員会を開催し、来年打ち上げ予定だった試験用月軌道船の開発を2020年に延期することを決定した。写真は月。(Record China)

[拡大写真]

2017年8月9日、韓国の科学技術情報通信部が国家宇宙委員会を開催し、来年打ち上げ予定だった試験用月軌道船の開発を2020年に延期することを決定した。韓国・聯合ニュースが伝えた。

韓国の月探査事業は、試験用月軌道船を開発し海外のロケットに載せて打ち上げる第1段階事業と、韓国型発射体に月軌道船と月着陸船を載せて発射する第2段階事業で構成される。今回の決定で第1段階事業が2年延期されることになったため、第2段階事業も当初予定されていた2020年の目標から数年遅れる公算が高い。

計画が立案された07年当時、第1段階事業は2020年の試験発射を目標に設定されたが、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代の13年に、目標が17年に前倒しされ、その後18年に先送りされた経緯がある。

科学技術情報通信部は昨年、研究開発の現状を確認する中で、「部品の開発・組み立て・試験時間を考慮すると、一定のスケジュール調整が必要」とする現場の意見を受け、専門家点検委員会を設置していた。そして同委員会で今年に入り事業全般を点検した結果、軌道船システムおよび本体が目標重量(550キロ)を約100キロ超過する設計となっている問題が発覚し、開発日程に3カ月程度遅れが出ることを確認した。また合わせて、軌道船に要求される寿命と搭載体の数が増えたことで新たな開発項目が追加され、機能検証や宇宙環境での安定性を確保するためにはさらに時間を要すると判断した。

結局、委員会は差し迫ったスケジュールに合わせ開発を急ぐよりも、開発期間を2年延長し成功の可能性を高めることを提案、科学技術情報通信部はこれを受け入れた。

今回の報道に、韓国のネットユーザーからは「またお金がかかるじゃないか」「結局は技術不足ということだろう」「月に行って何をするんだ?」「月探査船より情報衛星打ち上げの方が先では?」など月探査事業への批判や、「外国のロケットを使おうとせずに最初から国産ロケットを利用して打ち上げろ」と、事業計画の見直しに言及する意見が寄せられた。

その一方で、「無理するよりも、徹底的にチェックしてから打ち上げた方がいい」「急いで失敗するより、ゆっくりと確実に行こう」など、事業計画延長に対し理解の声もみられた。

その他に、「北朝鮮は1年間に何個もミサイルを打ち上げているというのに…」「いっそのこと、北朝鮮と協力して北朝鮮製のロケットを使って韓国の衛星を打ち上げては?」など、北朝鮮に関連したコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

注目の商品