インドネシアの地方都市、巨大「関羽像」設置で観光地化望むも、「何の関係もない」と批判浴びる―中国メディア

2017年8月13日 14時10分 (2017年8月16日 00時00分 更新)

インドネシア東ジャワ州トゥバン県に設置された高さ30メートルの巨大な「関羽像」が物議を醸している。観光名所となることを期待して設置されたが、ソーシャルメディアやイスラム系団体などから批判を浴びている。(Record China)

[拡大写真]

2017年8月11日、中国メディアの海外網によると、インドネシア東ジャワ州トゥバン県に設置された高さ30メートルの巨大な「関羽像」が物議を醸している。観光名所となることを期待して設置されたが、ソーシャルメディアやイスラム系団体などから批判を浴びている。

三国志の英雄の一人で、中国で神格化されている関羽の像の除幕式が7月17日に行われた。ズルキフリ・ハサン国民協議会(MPR)議長は式典で「トゥバンの観光名所となることを望む」と述べ、期待を込めた。

だが民間からの寄付を集め25億インドネシアルピア(約2000万円)で建造された像に対し、ソーシャルメディア上では「中国政府がインドネシア政府を支配している兆候だ」などと反発の声が強まり、イスラム系団体は「中国の将軍はインドネシアの独立のための戦いに何ら貢献していない」として撤去を求めている。

こうした批判を受け、関羽像は現在、白い布で覆われた状態だという。(翻訳・編集/柳川)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品