韓国アニメが失ったものは…米国で活躍する韓国系監督の指摘に、「日本アニメを適当にパクって作ってたから、もともとなかったはず」と韓国ネット反論

2017年9月14日 11時30分 (2017年9月17日 00時00分 更新)

12日、エミー賞3冠を獲得した作品「Lost in Oz: Extended Adventure」の総監督を務めた金在洪氏がソウルで講演、アニメ市場の現況と展望を語った。写真はアニメキャラクターの縫いぐるみなどが収められた韓国のクレーンゲーム。(Record China)

[拡大写真]

2017年9月12日、エミー賞の子ども向けアニメーション番組部門で今年3冠を獲得した作品「Lost in Oz: Extended Adventure」の総監督を務めた金在洪(キム・ジェホン)氏が韓国コンテンツ振興院の招きによりソウルで講演、アニメ市場の現況と展望を語った。韓国・アジア経済が伝えた。

金氏は韓国系米国人。大学卒業後にワーナー・ブラザーズ作品に携わって以降さまざまなアニメ制作に関わり、現在はAmazonの子会社Bureau of Magicで総監督として活動している。

11日、「米国を通して見たアニメーション制作方式の変化とコンセプト開発」をテーマに講演した金氏は、韓国アニメが世界市場で成功するためには「一にも二にも面白さ」が大事だと強調した。普段から「アニメは基本的にエンターテインメントだ。面白い話であれば後は何もしなくともうまくいく」との考えで作品を作るという金氏はまた、韓国アニメから消えてしまったのは「独創的な色」だと指摘、「韓国アニメの歴史は40年を超えるが、国内市場に重点が偏り過ぎている。似たり寄ったりの幼児向けを中心とした作品が多い」と話した。

さらに金氏は韓国の「アニメーターに対する処遇」に言及、「アニメは人手が財産だ。お金があるからといってディズニーを作ることはできない。ノウハウと歴史が積み重なってこそ質的向上を図ることができる」と話した。一方で、「韓国人と仕事をして一度も失望したことはない。本当に勤勉でがむしゃらなやる気があり、美的感覚に基づく優れたセンスが強みだ」と評価した。

この金氏の指摘に、韓国のネットユーザーからは「そういう監督も動物や魔法使いの話ばかり作ってるよね?独創性を語るレベルじゃないと思うけど。全世界のアニメの絶対王者である日本は、SFものに恋愛ものに推理ものに、いろいろ作ってるよ」「そもそも韓国アニメに独創性なんてあった?日本アニメを適当にパクって作ってたでしょ」など日本に言及するコメントが寄せられている。

また、韓国のアニメ市場についても「配給会社が強過ぎて200億ウォン(約20億円)の会社収益があっても作家にはわずか数千万ウォン(数百万円)入るだけ。こんな国で何が独創性だ?だから日本の下請けをしたり、有能な人はみんな米国に行ってしまう」「もしハリー・ポッターの作者が韓国に生まれていたら、今ごろ外国の状況をうらやましく眺めていたことだろう」と嘆く声が多い。

アニメを見る側からも「韓国アニメには期待しない」「エヴァンゲリオン以上の作品を作ってくれたら認める」など、かなり辛口コメントが寄せられた。(翻訳・編集/松村)

注目の商品