ノーベル医学賞級!?韓国人夫妻の共同研究論文を「ネイチャー」が絶賛=「ついに韓国がやってくれた!」「彼らは韓国人じゃなくて…」―韓国ネット

2017年9月18日 18時10分 (2017年9月21日 00時00分 更新)

14日、韓国・中央日報は、米国の名門大学で教授を務める韓国人科学者夫婦が自閉症児が産まれる原因を明らかにしたと伝えた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年9月14日、韓国・中央日報は、米国の名門大学で教授を務める韓国人科学者夫婦が自閉症児が産まれる原因を明らかにしたと伝えた。

記事は、英学術誌「ネイチャー」14日号に掲載された研究論文2編に共同研究者として韓国人夫婦の名前が載っていると紹介した。米国ハーバード大医学部のホ・ジュンニョル教授とマサチューセッツ工科大(MIT)のグロリア・チェ教授夫妻だ。2つの論文の第1著者は、それぞれイム・ヨンシンMIT博士と、マサチューセッツ大医学部のキム・サンドゥ、キム・ヒョンジュ両博士(共同1著者)だ。

彼らが発表した論文には、妊娠中にウイルスに感染したマウスが自閉症の症状を示す子を出産する過程が具体的に示されており、消化管の特定の腸内細菌が原因で免疫細胞が作られ、この免疫細胞が胎児の脳細胞の発達に影響を与えるタンパク質を作り出すことが明らかにされた。抗生物質により腸内細菌をなくす実験では、マウスは自閉症の症状を示さない子を産んだという。

ネイチャーは今回発表された論文を「14日号の最も重要な研究成果」として紹介、テキサス大サウスウェスタン医学センターのクレイグ・パウエル教授は同誌の論評で「腸内細菌と免疫システム、脳の発達の複雑な相互作用に対する貴重な手掛かりを提供するもの」と評価した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「本当にすごい発見だ」「ノーベル賞候補に挙がるかも」「ノーベル医学賞級だね」「母親としてもうれしい研究結果です。ありがとうございます」「さすが名門の教授だね」「わあ!韓国がついにやってくれた!」など、研究成果に対して称賛の声が寄せられた。

また、「お腹に子どもがいる母親は腸の健康に気を使わないとね」「だから妊娠したらお酒をやめなきゃいけないのか」といった声も。

その一方で、「彼らは韓国人じゃなくて米国人でしょ」「韓国系米国人だ」「米国人夫婦じゃないか」など、記事が「韓国人夫婦」として報じたことへの反論コメントも多くみられた。(翻訳・編集/三田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品