中国大手メーカーが大学の説明会で「日本語差別」発言、関係者が謝罪―中国

2017年9月25日 12時50分 (2017年9月28日 00時00分 更新)

中国のスマートフォンメーカー・シャオミが大学の新卒募集説明会で日本語を学ぶ学生を差別する発言をし、問題となっている。写真は鄭州大学。(Record China)

[拡大写真]

2017年9月23日、澎湃新聞によると、中国のスマートフォンメーカー・シャオミ(小米科技)が河南省の大学で行った新卒募集の説明会において、日本語を学ぶ学生を差別する発言をした。

22日、シャオミが鄭州大学で新卒募集の説明会を行ったが、その際にイノベーション部の責任者が「日本語を専門に勉強した学生はもう帰っていい」と話した。さらに、「ドラマを作る仕事でも紹介してあげよう」と言うと、その場にいた200人以上の学生が爆笑したという。

日本語を専門に勉強しているある女子学生は、「専門分野は問わない」という触れ込みだったので説明会に来ていたのに、そのような侮辱的な発言で笑いものにされて怒り心頭に発し、他の学生とともに提出した履歴書を撤回して会場を後にしたという。

その後、シャオミの関係者が公衆の面前で差別的発言をしたことがネット上で知れ渡り、創業者の雷軍(レイ・ジュン)CEOのコメントを求める書き込みが相次いだ。

23日、「秦涛繁星点点」というハンドルネームのネットユーザーが「軽率な発言だった。責任はすべて自分にある。心からおわびしたい」と謝罪文を書き込んだ。

シャオミに問い合わせると、この「秦涛繁星点点」こそ説明会で問題発言をした社員で、書き込みは学生たちに直接謝罪した上でのことだという。(翻訳・編集/岡田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品