「日本人はどうしてこんなものを…」「やっぱり本物がいい」、ある“癒しグッズ”が中国ネットで話題

2017年10月7日 09時00分 (2017年10月9日 00時00分 更新)

5日、日本企業が開発したしっぽ付きクッションが、中国版ツイッター・微博で紹介され、中国ネットユーザーの間で注目を集めている。写真は本物のイヌとネコ。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月5日、日本企業が開発したしっぽ付きクッションが、中国版ツイッター・微博で紹介され、中国ネットユーザーの間で注目を集めている。

【その他の写真】

紹介されたのは、日本のユカイ工学株式会社が開発したしっぽ付きクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」だ。同社は以前、頭に装着することで脳波に反応してピクピクと動く「ネコミミ」を開発したことでも知られる。

「Qoobo」は動物の毛皮のような丸いクッションにしっぽがついていて、クッション部分を撫でるとしっぽが動くようになっている。使用者のアクションに合わせて、あるいはランダムにしっぽが動くことで、癒やしを与えてくれるというものだ。

微博の投稿者は「日本の会社がまるでネコやイヌのようなロボットを開発した」と紹介。「エサを与えたり、散歩をさせたり、フンの始末をしたりしなくても、抱いて撫でるだけでしっぽが反応してくれる…‥…撫でたくない?」とユーザーに問いかけている。

これに対し、中国のネットユーザーは「彼女がラブドールなうえ、ネコまでニセモノを買うことになるとは……」「日本人はどうしてこういう物を思いつくのだろうか」といった感想を寄せた。

しかし、やはり本物には敵わないと考えるユーザーが多いようで、「温もりがなさそう」「やっぱり本物のワンちゃんをモフモフしたい」「本物のネコが撫でられた時に見せるあの表情までは再現できまい」といったコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/川尻)

注目の商品