日本の研究所が「世界都市ランキング」発表、東京3位、中国の都市も上位に―中国メディア

2017年10月13日 19時10分 (2017年10月16日 00時00分 更新)

日本の森記念財団都市戦略研究所は12日、2017年度の世界の都市総合力ランキングを発表した。(Record China)

[拡大写真]

日本の森記念財団都市戦略研究所は12日、2017年度の世界の都市総合力ランキングを発表した。新華社が伝えた。

中国・香港は引き続き、総合ランキングトップ10にランクインし、経済指標では北京が第3位、上海が第5位にそれぞれ入った。

香港は交通指標と経済指標の高さから、総合ランキングで第9位に輝いた。総合ランキングトップ3は、順に、ロンドン、ニューヨーク、東京で、パリは第4位。第5位にはシンガポールが入り、アジア地域全体で質のバランスが最高の都市であると認められた。

指標別のランキングを見ると、経済指標ランキングで北京と上海が際立った。人口規模、経済レベル、世界500強企業数の多さから、北京は第3位、上海は第5位にそれぞれランクインした。このほか、上海は交通指標ランキングで第3位、北京は文化指標ランキングで第7位だった。(提供/人民網日本語版・編集KM)

注目の商品