ラブホテル・プロデューサーがラブホ哲学と業界の現状を激白「一番大事なのは淫靡さ」

2013年7月11日 20時00分 (2013年7月12日 19時34分 更新)
 設計、プロデュースしたラブホテルは実に1600棟以上。亜美伊新は日本固有の文化であるラブホテルに自由奔放、大胆な発想を持ち込み、大人のテーマパークというべき独自の様式へ進化させたラブホテル王だ。68歳を迎えた今も年齢を超えエネルギッシュ。そのパワーの源とラブホ哲学に迫った。

【関連】亜美伊新プロデュース、ラブホ作品集フォトギャラリー

 用意してもらった作品集をめくると、ジェット機やスペースシャトルを模した外観に始まり、コーヒーカップや馬車、ラスベガスを思わせる巨大ルーレットが配置された部屋など、どれもぶっ飛んだものばかり。会話の最中にもこれでもかとばかり、「セックス」という言葉がしきりと盛り込まれる(ラブホテル仕掛け人であるから当然ではあるのだが)。
「私はラブホテルっていうのは若さが必要だと思ってます。でも私が言う若さというのは年がいったから無くなるものではなく、60になっても若い人、20歳でもジジ臭い奴というのはいます。だからやっぱり探究心ですよね。いかに探究心があって、夢があってナンボ、夢を買ってもらってナンボの世界ですから」

 作品集には昭和年代のホテルと部屋も含まれているが、ぶっ飛んだデザインだけに時代を超越し古さを感じさせない。旧式のテレビなどを見て、「あぁこれは昭和の」と気づかされることもあったほどだ。なんだかテーマパークのカタログでも見ているような楽しい気分になってくる。

 「ラブホテルは何かと言ったら知恵の勝負なんです。そこにはテーマ性、動き、仕掛けがないとダメです。それと一番大事なのは“淫靡さ”、これですね(笑)。ラブホテルというのは綺麗なだけじゃダメなんです。豪華なだけじゃダメ。何が必要かというと、セックスのための淫靡さがあるから来るんです。やっぱり一番大事なもの、原点は“淫靡”にあると私は思います」とキッパリ断言。

 「私が得意として作ってきたオール鏡の部屋、天井も床も全部鏡。あれなんかいやらしいと言いながらみんな来ますから(笑)。あれは中毒しますよ(笑)」。 “ラブホテルはセックスのための晴れ舞台、ステージである”というのが亜美伊氏のモットーである。

 「ラブホテルへ行こうとすればワクワクドキドキする。それは子どもたちが明日ディズニーランドに行くとか、遠足に行くっていう気持ちと一緒だと思うんです。だからそういう気持ちにさせるものがないとダメです。コミック・マンガ調の部屋は、みなさん子どもっぽいとかシンプルな部屋の方がいいと最初は言うんですが、実際はそういう部屋の方が売れるしファンができます」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」