0

『スター・ウォーズ/エピソード8』、2017年12月15日全世界同時公開決定!

2016年3月2日 04時00分 (2016年3月2日 07時39分 更新)
 全世界の興行収入が53日で20億ドルを突破するなど次々と記録を更新し続けている『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がついに3月25日に全劇場・全スクリーンで上映が終了することが決定した。そして新たに、『スター・ウォーズ』シリーズの新たなる3部作の第2弾となる『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題) 』の公開日が、2017年12月15日に全世界同時公開することを発表した。

【関連】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フォトギャラリー

 『スター・ウォーズ』シリーズ新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開されて約3ヵ月が経過したが、未だ“スター・ウォーズ現象”は留まることなく、全世界で記録的な大ヒットを続けている。

 公開から45日目で興行収入100億円を突破し、累計動員715万5969人、興行収入112億1247万円を記録(2月28日現在)。全米ではすでに史上初の9億ドルを突破し、歴代興行収入1位を記録。全世界の興行収入は、史上最速の53日で20億ドルの壁を突破している。そんな“フォースの覚醒”がついに3月25日に全劇場・全スクリーンで上映が終了することが決定した(劇場により順次上映は終了となる)。

 昨年12月18日18時30分より一斉公開を迎え、超ロングラン大ヒットを記録してきた本作は、通常の2D/3D上映に加え、4DX、MX4D、IMAX3D上映などイベント・ムービーとしての一面を持ち、異なる上映方式を求めてさまざまな劇場でリピート鑑賞をするファンも多い。

 そんな中、シリーズ新3部作の第2弾『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題) 』の公開日が2017年12月15日に全世界同時公開が決定。撮影は2月15日からパインウッド・スタジオでスタートし、ベニチオ・デル・トロや、ローラ・ダーンなど新キャストも同時に発表され既に大きく話題となっている。

 “スターウォーズの聖地”と言われる劇場からは、“フォースの覚醒”終了を惜しむとともに、新作を期待する熱いメッセージが寄せられた。TOHO シネマズ日劇は「2015年12 月18日、“興奮”が“フォース”となり、最高潮となった18時30分の感動は一生忘れることはありません。2017年、聖地“日劇”での最後となるであろう公開が待ちきれません」(劇場支配人)とメッセージした。

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は3月25日まで全国公開中。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品