0

あの有名エジプト考古学者が『キング・オブ・エジプト』で声優挑戦!

2016年9月3日 16時30分 (2016年9月9日 15時12分 更新)

アフレコに挑戦中の吉村作治

世界20ヵ国でオープニング興収No.1を記録した冒険スペクタクル映画『キング・オブ・エジプト』。主人公で、盗賊の青年ベック役の声をKis-My-Ft2玉森裕太、彼の恋人ザヤ役の声を映画『俺物語!!』のヒロインを演じ脚光を浴びた永野芽郁が担当するなど、豪華声優陣が話題の本作に、新たに、あの有名エジプト考古学者が加わることがわかり、その声優シーンが解禁となった。

・[動画]解禁となった『キング・オブ・エジプト』吉村作治吹替え本編映像

本作は神と人間が共存する古代エジプトが舞台。父王に代わって、息子で天空の神・ホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)が新しいエジプト王に即位しようとしたその時、父王の弟で砂漠の神・セト(ジェラルド・バトラー)が現れる。セトは自分こそ王になるべきと考え、ホルスの力の源である目〈神の眼〉を奪い、彼を追い出し王の座についてしまう。

そんな王座をかけたバトルの鍵を握るのが、奪われた恋人ザヤ(コートニー・イートン)を救うために立ち上がった盗賊ベック(ブレントン・スウェイツ)。巨大ピラミッドの迷宮や、スフィンクスの謎かけや仕掛けだらけの神殿など、次々と押し寄せる試練に立ち向かいながら、はたしてベックは〈神の眼〉を盗み出しホルスに無事返却し、エジプトを暗黒の世界から光輝く元の世界に戻すことができるのか?

前述のようにベック役を玉森、恋人ザヤ役を永野が演じるほか、中村悠一小山力也沢城みゆき中井和哉菅生隆之田中真弓などが脇を固める本作。新たに発表されたのが、エジプト考古学者の吉村作治が吹替え声優に挑戦していること。

エジプト考古学研究の第一人者としてエジプトの素晴らしさを広く世に伝えてきた吉村が、本作で字幕監修を担当したことから、吹替え声優までつとめることになった。

吉村が演じるのは、死者が死後の世界に行けるかどうかを決める最後の門番役。物語の中で、セトの手下により死者の世界に送られてしまったベックの恋人ザヤを裁くシーンに登場する。

死後の世界に行けるかは捧げ物次第で、解禁された映像では「前へ進め」「捧げものを出せ」という吉村の低音ボイスが響き渡り、裁かれる者が2つ道のどちらかに進む運命の瞬間が映し出される。はたしてザヤの運命は?

『キング・オブ・エジプト』は9月9日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品