0

綾瀬はるか、ジェスチャーゲームなのに…堂々と答えを声に出す!?

2017年1月11日 15時25分 (2017年1月12日 15時30分 更新)

(Photo:cinemacafe.net)

[拡大写真]


現代の女性が「本能寺の変」前日にタイムスリップしてしまう『本能寺ホテル』の公開直前イベントが1月11日(水)、都内で行われ、主演の綾瀬はるか、共演する堤真一鈴木雅之監督が出席。戦国時代にちなみ、綾瀬さんと堤さんが“天下分け目の三番勝負”に挑んだ。

この日、行われた三番勝負は「戦国鉄砲的当て対決」「戦国ジェスチャー対決」「戦国絵心対決」。射的に挑んだ綾瀬さんは1発目で、最も難易度の高い的を射とめる腕前を披露したほか、口元ではなく目の部分が隠れたユニークな忍者の絵を描きあげるなど“綾瀬ワールド”全開。

特にジェスチャーゲームでは、声を出してはいけないというお約束をスルーし、堂々と答えそのものを言ってしまう天然ぶりで、会場は大爆笑。対する堤さんは「これは減点だろ」と呆れ気味にクレームを入れつつ、自身も鉄砲隊や能、百姓一揆といった戦国時代にまつわる事柄を身振り手振りで表現し、ステージ上で躍動していた。

手違いで予約していた京都のホテルに泊まれず、偶然たどりついた路地裏の本能寺ホテルにチェックインした繭子(綾瀬さん)。エレベーターを降りた先が、天下統一を目前にした名将・信長(堤さん)が滞在する1582年の本能寺だと知り、信長の命を救おうと奔走する。

『本能寺ホテル』は1月14日(土)より全国東宝系にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
本能寺ホテル 2017年1月14日より全国東宝系にて公開
(C) 2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品