0

多部未華子が手紙の代筆屋に 小川糸原作のNHKドラマ『ツバキ文具店』

2017年3月8日 12時55分 (2017年3月9日 20時06分 更新)

『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』に出演する多部未華子

[拡大写真]

連続ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』が4月14日からNHK総合で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、文学賞『全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2017年本屋大賞』の候補作にノミネートされている小川糸の小説『ツバキ文具店』が原作。鎌倉を舞台に、文具店とは名ばかりの代筆屋である「ツバキ文具店」を祖母から受け継いだ主人公の鳩子が、様々な手紙の依頼に応えて代筆屋として成長していく姿や、店に集まる風変わりな人々と交流する様を描く。

8年ぶりに故郷の鎌倉に戻った鳩子役を演じるのは多部未華子。多部がNHKの連続ドラマに出演するのは、2009年のNHK連続テレビ小説『つばさ』以来となる。共演者には高橋克典上地雄輔片瀬那奈新津ちせ江波杏子奥田瑛二倍賞美津子らが名を連ねる。主題歌は絢香による書き下ろしの楽曲“コトノハ”。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品