0

栗山千明&中川大志、ジョニデと夢の対面!『パイレーツ』新作プレミアに着物姿で登場

2017年5月12日 18時30分 (2017年5月12日 22時39分 更新)
 大ヒット映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)のワールドプレミアが、11日に上海ディズニーランドにて開催され、主演のジョニー・デップが登場。さらにジャックと共に伝説の宝を追い求めるカリーナとヘンリーの日本語吹替版を務める栗山千明中川大志が、着物姿でジョニー・デップとの対面を果たした。

【関連】「ジョニー・デップ」フォトギャラリー

 ディズニー初の中国での最大規模のワールドプレミアに、世界中から愛される“海賊ジャック・スパロウ”を演じるジョニーをはじめ、豪華スターが登場するとあり、会場には海賊に扮したファンなど5000人、メディア300人が約150メートルに及ぶレッドカーペットに詰めかけた。

 栗山は黒地に綺麗な花が映える着物、中川は若草色の和装でカーペットに登場し注目を集めた。会場のレッドカーペットにまず登場したのはブレントン・スウェイツ。栗山と中川が声をかけると「強くていい声だね!美しい!お会いできてとっても光栄です。一緒に写真を撮ってもいいですか?」と一緒に写真を撮るなど、大興奮で今回の対面を喜んだ。

 その後も、ジェフリー・ラッシュや、ハビエル・バルデムなど続々と登場。さらにオーランド・ブルームが姿を現すと、会場からは黄色い歓声があがった。栗山、中川と対面すると「日本のカリーナとヘンリーだね!会えてうれしいよ。日本のCMで共演したよね、覚えているよ!また会えてとても嬉しい!」と言葉を交わした。
 
 そしてついにジョニーとの対面が実現、ジョニーは二人の着物を大絶賛しながら「今回のパイレーツは、心の底から楽しんでもらえると思う」と自信を覗かせる。さらに「早く日本の多くの皆様にも見てもらいたい。来月は日本に行く予定だよ!」と握手し、再会を約束した。

 栗山は「あのジャック・スパロウに会えるなんて感動しました!」と感激、中川も「大好きなジャック・スパロウが目の前にいる…と思ったら涙が出そうでした!佇まいもかっこよくて憧れます!」と、夢の対面に胸がいっぱいになったようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品