0

カメレオン俳優・綾野剛、『フラ恋』で魅せる“萌えキャラ”で新境地

2017年5月20日 08時00分 (2017年5月20日 11時39分 更新)
 現在放送中の連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で主演を務める綾野剛が評判だ。彼が同作で演じるのは、120年前に医学博士によって死から蘇えり、永遠の命を与えられた怪物。しかし、その心は人間以上に人間らしく、とてつもなくピュアで優しい。そんなピュアな怪物を演じる綾野に、「激萌え」「ギャップ萌え」と、ツイッターを中心に話題炸裂。綾野は新境地を切り開いている。

【関連】「綾野剛」フォトギャラリー

 これまで、綾野が映画・ドラマで務めてきた役柄は、『日本で一番悪い奴ら』の悪徳警察官、『天空の蜂』のハイジャック犯など悪の要素が強いキャラクター、『空飛ぶ広報室』『64-ロクヨン-』『S-最後の警官-』等に代表される正義感の強いキャラクター、ほかにも、謎の多い男だったり、熱い男だったり、ときにはドラマでコスプレ(!?)並みのキャラクターに扮したことも。

 このように様々なキャラクターを完璧に演じ切り、“演技派カメレオン俳優”の名をほしいままにしている綾野に、新たに加わったのが『フランケンシュタインの恋』で見せる“ピュア”キャラだ。

 綾野が演じる怪物=深志研は100年以上もの間、森の奥深くでひっそりと暮らしてきたが、ある日、1人の女子大学生・津軽継実二階堂ふみ)と出会い、人間の世界で暮らすことを決意。不器用で不思議な存在ながら、素直で優しく、嘘がつけない深志の人柄に、津軽をはじめ、多くの人が惹かれていく。特に、今月14日に放送された第4話では、津軽と深志の初デートシーンが披露され、公園を散歩したり、ショッピングセンターで買い物をしたりと、ありふれた行動が描かれたが、深志にとってはすべて初見。抱き合っているカップルを指しては、「指をさしてはいけません」と津軽に注意され、手を挙げて横断歩道を渡る未就学児を目にすると、自分も手をピンと挙げて横断歩道を渡ったり、ほほえまし過ぎて、思わず笑みがこぼれてしまうシーンが満載であった。 中盤では、深志がお気に入りのラジオ番組のお悩み相談担当・天草純平(新井浩文)の放送を聞き、「津軽さんに恋をしました」と深志は真正面から告白。だが、難病を抱え、未来のことを考えられない津軽は告白を拒絶するも、ラストで一発逆転!津軽が気にかけている枯れた桜にキノコを生やし、桜をキノコで蘇えられせた深志は、「津軽さんがいることに感謝しています。津軽さんに喜んでもらえるように、津軽さんが笑顔でもっと、もっと生きられるように、僕が願います。津軽さんを枯らしません。僕が革命を起こします」と、再び熱い告白。津軽は「はい」と涙を浮かべて返事をした―。

 この感動的なシーンの直後からネットでは、「綾野剛がかわいすぎる」「綾野剛に癒された」「綾野剛の表情一つ一つに釘づけ」「はじめてのお使い@怪物さんバージョンのようで最高」「デート部分がかわいすぎて、何回もリピート中」と反響コメントが相次いだ。さらに、放送終了後の次回第5話予告では深志が初めて電車に乗るシーンが登場。子どものように座席に膝をつき、うれしそうに動く景色を眺めているの深志の姿に。「あの電車シーンは永久保存版決定!」「よく見たら、手にぎゅっと切符を握っていて、愛しすぎる!」など、すでに予告映像から垣間見れる綾野のピュアすぎるキャラに、萌えまくる女性が急増。しかも、予告の最後に「私はあなたが好きです」と津軽が深志に告白。しかし、告白直前には、深志が怒りを爆発させているようだが…第5話以降も“萌えキャラ”綾野剛に注目だ。

 『フランケンシュタインの恋』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分より放送中。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品