0

葵わかな主演のNHK朝ドラ『わろてんか』に鈴木京香、広瀬アリス、藤井隆ら

2017年6月16日 17時34分 (2017年6月21日 10時06分 更新)

葵わかな

[拡大写真]

10月2日から放送される2017年度後期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』の追加キャストが発表された。

【出演者一覧を見る】

『わろてんか』は明治から昭和初期の大阪を舞台に、主人公の藤岡てんが夫婦で小さな寄席の経営を始め、やがて日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性と言われるまでを描く物語。吉本興業の創業者・吉本せいをはじめとする当時の芸人や文化人が物語のモチーフとなる。ヒロインのてん役を葵わかな、てんの夫となる藤吉役を松坂桃李が演じるほか、濱田岳高橋一生遠藤憲一鈴木保奈美らの出演がこれまでにわかっていた。

今回発表されたのは、恋に落ちたてんと藤吉が京都を出て向かう大阪での物語を描く「大阪編」のキャスト。藤吉の母・啄子役の鈴木京香、藤吉に想いを寄せ、てんとの仲を邪魔しようとする秦野リリコ役の広瀬アリス、藤吉やリリコと同じ旅芸人一座で育った芸人仲間・キース役の大野拓朗、後にキースとコンビを組む芸人・アサリ役の前野朋哉、てんと藤吉の面倒を見る売れない芸人・万丈目吉蔵役の藤井隆、吉蔵の妻・歌子役の枝元萌、芸人を寄席に派遣する「太夫元」の寺ギン役の兵動大樹(矢野・兵動)の出演が明らかになった。

さらにてんの幼少期を新井美羽濱田岳演じる武井風太の幼少期を鈴木福、キースの幼少期を前田旺志郎が演じる。またドラマのナレーションをNHKのアナウンサー・小野文惠が担当する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品