0

あなたを襲う不安を取り除く方法

2009年1月6日 00時00分 (2009年1月14日 23時52分 更新)
 あなたは「OCD」という精神病をご存知だろうか。これはobsessive-compulsive disorderの略で、日本語になおすと「強迫性障害」という。

 強迫性障害は社会的な役割や機能の妨げとなる強迫観念や強迫行為によってもたらされる不安障害である。
 例えばこんな風に思うことはないか。朝、会社に出勤するとき駅で「そういえば、コタツの電源切ったっけ」という不安が頭を過ぎる。強迫性障害の場合、「まずい、切ってないかも知れない。心配だ」という不安が強まり、結果的には家に戻りそれを確認する。もちろん、会社には遅刻する。こうした不安は常に日常生活を支配し、次第に日常生活に支障をきたしていく原因となる。

 本書はそうした強迫性障害を解説し、障害に対しての療養方法を提示する。本書では特に薬を使わない「行動療法」が中心に据えられており、強迫性障害の当事者だけではなく家族、近隣住民、関係者などもどのようにサポートすればよいのかを丁寧に説明している。

 8年前に出版された本書だが、強迫性障害を解説する基本的テキストとして長く読まれている。自分がなってしまったとき、家族や友人などをサポートするために、一読しておきたい一冊だ。
(新刊JPニュース編集部)

◆『強迫性障害からの脱出』
著者:リー・ベアー
翻訳者:越野好文中谷英夫五十嵐透子
出版社:晶文社
定価(税込み):2310円
発売中

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品