駅員さんに聞く、「ぜ~ったい寝坊しない方法」

2010年11月8日 16時00分 (2011年1月16日 09時24分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ぎゃ~! 遅刻する~!」大人になってもなかなか治らない遅刻癖。ダッシュで目的地へ向かいながら頭のなかで言い訳を考えるけれど、そのほとんどの原因は寝坊だったりします。どうしたら遅刻せず行動できるようになるんだろう? 誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、「二度寝はかれこれ4年してないですね……。休日ですら時間通りに目が覚めます」とさわやかに語る駅員歴4年の宮崎さん(仮名)。彼に「寝坊をせずに時間厳守を徹底する方法」を伝授してもらいます!


■駅員の遅刻防止法
「駅員の世界では、1秒でも遅れたら遅刻。年に3回も遅刻すれば昇進に響くので、かなり綿密な遅刻対策を行います。例えば、

1. 出勤時間の一時間前には上司へ起きたことを電話で報告(ワン切りでもOK)。
2. 30分前には職場について、出勤表にチェックを入れる。
3. 仕事後は勤務表に次の出勤時間を記入して、内勤の職員にチェックしてもらう。

これをだいたい入社3年目まで続けますね。とにかく、『遅刻したら終わり』という危機感とともに『時間を守ること』を最優先にして生活すれば、時間を守れるようになります」

さわやかにそう言い放つ宮崎さん。とはいえ、そこまで徹底した生活を送れる自信がありません……。
では、寝坊を防ぐために宮崎さんが行っていることについて教えてください!


■目覚まし時計3点責め
「私の場合は目覚まし時計、TVのオンタイマー、携帯電話の3つ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)