0

テレビと舞台の“裏方”60年「手描き職人」が集大成の本を出版

2011年3月25日 12時00分 (2011年4月15日 23時37分 更新)
私たちが日頃、テレビでよく目にする“字幕スーパー”といわれる文字テロップは、現在、パソコンなどの電子機器で文字を入力して表示している。
だがかつて、テレビの文字テロップはすべて“手書き”だった時代があった。今でも、時代劇のタイトル文字や舞台などで手書き文字を見かけることがあるだろう。

テレビと舞台の手書き文字に携わって60年以上、1日も手を休ませずに仕事に打ち込んできた「手描き職人」、竹内志朗さん(77)が、2010年11月に1冊の本を出版した。タイトルはズバリ『テレビと芝居の「手書き文字」』。
「新婚さんいらっしゃい!」「探偵ナイトスクープ」「剣客商売」など、大阪でテレビ放映が始まった1956年(昭和31年)からずっと番組タイトルや文字テロップを手で書き続けてきた竹内さんの“裏方”としての仕事ぶりが詰まった本となっている。
 
竹内さんは、1933年(昭和8年)大阪市生まれ。
1950年ごろから関西を中心に舞台装置や演劇活動を始め、1956年の大阪テレビ放送(現在の朝日放送)開始とともにテレビで番組タイトル、文字テロップを書く仕事がメインとなった。

当時、テレビの文字テロップはすべて手書き。相撲文字、寄席文字、歌舞伎の勘亭流などありとあらゆる形の文字をひたすら“筆”を使って書いてきた。
「特に、大きな事件などが発生した直後、約20文字を斜体の明朝体で60秒足らずで早書きしなければならなくて、早書きを自宅でひたすら練習したのをよく覚えている」とのこと。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品