犯人は傍にいる 娘・妻が狙われる全裸盗撮映像が大量流出(1)

2011年8月7日 17時00分 (2011年8月8日 16時34分 更新)

 その裏動画は、いわゆる“自宅盗撮”だった。
 ぬいぐるみの置かれた女の子の部屋。風呂上がりなのか、20歳前後と思える若い女性が、キャミソール一枚でベッドに座り、音楽を聴いている。スラリとした生脚が色っぽい。
 しばらくして、女性はごろりとベッドに横たわった。すると、キャミソールの裾がめくれ、その奥にはピンク色のパンティーがチラリ。
 と、カメラの右側に“ドア”が映りこむ。つまり、ドアの隙間から覗き込んでいるのだが−−ここに一つの“疑問”が生まれる。
 「自宅盗撮は大抵、窓からの映像です。3ミリサイズのピンホールカメラを窓の隙間に差し込み、室内を盗撮するのです。だからこそ、外部の人間でも犯行が可能なのですが、これは違う。室内から室内を撮影していますね」(盗撮事情に詳しいライター)
 つまり、盗撮犯は室内にいる人間。そう、“身内”と推測されるのだ。

 裏DVDライターが言う。
 「家庭内盗撮です。最近、父親が自分の娘や妻を隠し撮りしたという裏映像が大量流出しているんです」
 にわかには信じられない話だが、冒頭の映像を観る限り、外部の人間では撮れないカメラアングルだ。裏DVDライターが続ける。
 「特に夏休みに入ったこの時期は、年頃の娘が実家に帰省するとあってか、この手の犯罪映像が急増しているんです。実際、すでに裏DVDショップや裏サイトでは、かなりの数の家庭内盗撮が出回っています」
 一体なぜか−−本誌は、夏休みに大量闇流出する“家庭内盗撮”を徹底検証。娘、そして、妻までが狙われた驚愕の実態を暴くことにした。

 まず、家庭内でもよく狙われるのが浴室だ。『娘・32歳。夏の帰省にて』そんなタイトルで裏サイトにアップされた映像は、バスルームのドアの外から撮影されていた。
 入浴しているのは、三十路らしいムッチリボディーの女性。乳房はDカップほどで、ガラス越しからも乳輪の大きさがよく分かる。32歳の“娘”とあるから、撮影者は50代以上の父親だろう。結婚して女っぽくなった娘のカラダに欲情を覚えてしまったのか。
 「盗撮の仕方は稚拙そのもの。ごく普通のホームビデオで、バスタオルか何かで隠しながら、バスルーム内を撮っているだけ。よくこれでバレないというか…自分の存在がバレても構わないといった撮り方ですよ」(前出・盗撮事情に詳しいライター)
 思えば、父親ならば浴室の外にいることを知られたところで、なんとでも言い訳は立つだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」