0

医師が教えるストレス知らずの怒りの消し方

2011年12月26日 19時00分 (2012年1月4日 18時22分 更新)
 日々の生活の中でイラっとしたり、腹が立ったりすることは山ほどあります。多くの人はそのたびに自分の感情を押し殺すわけですが、その中には許しがたい「怒り」も当然あるはず。
 しかし、そもそも「怒り」は人間の根源的な感情であり、人間が生存していくために必要なものだと著者はいいます。だから、我慢をすればするほど強いストレスとなるのだそうです。

 医学博士の吉田たかよしさんは新刊『「怒り」を上手に消す技術』(ソフトバンククリエイティブ/刊)において、現代社会ではうまく「怒り」をコントロールする必要があると述べています。根源的な感情である「怒り」を無くしてしまうことはできないわけですし、「怒らない」といった我慢で乗り切ろうとすると余計なストレスが溜まる一方なのは多くの方が経験しています。
 では、どうすれば「怒り」を上手に消すことができるのでしょうか。本書からシチュエーション別に3つのケースをご紹介します。

■とりあえずスグに「怒り」を鎮めたい
 すぐに「怒り」を鎮めたいときに効果的なのが「つくり笑顔」です。心理学者のポール・エクマン氏は様々な民族を分析した結果、「笑顔」には社会的に効用があることを解明しました。それは「つくり笑顔」でも一緒で、一時的に脳がポジティブになり楽しい感情が生まれるそうです。つまり、笑顔を作るだけで楽しい感情を生じさせることができるのです。

■苦手な相手に対してのイライラを鎮めたい
 苦手な人がすぐ側にいるだけでイラついてしまう、そんなことありませんか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品