寝る前に食べてはイケナイ11の食品

2012年9月9日 08時00分 (2012年9月10日 09時27分 更新)
寝る前に、ちょっと小腹が。。。ってありますよね?
そんな時、健康を考えるあなたなら避けるべき食品を紹介します。

カルガリーにの栄養士に基づき、研究した結果では、あなたが寝ている間に、体は水平に横たわる状態になるのですが、この状態では消化をするのが難しい、特定の食品があるということです。

例えば、脂肪分の高い食品は、繊維やタンパク質が消化することが遅くなります。しかし、脂肪分のたかい食品を食べてはイケナイという意味ではないのです。食べるタイミングが重要です。

また、夜食がイケナイというわけでも無いようなのです。
栄養士レスリーベックによると、寝る前に健康的なスナックをつまんだり、メインの食事であれば寝る2~3時間前であれば、心配せずに食べてOKと言っています。
例えば牛乳、アーモンドの小さな一握り、ヨーグルトとフルーツ、またはピーナッツバターとリンゴのような健康的な食品を提案しています。

避けるべき11の食品とは
カフェイン入りの飲料や食品:
カフェインは興奮剤であり、睡眠を妨げ過剰刺激します

アルコール:
飲み過ぎると脱水症状になることがあります。そしてのどが渇いたと感じ、夜中に目を覚ますかもしれません

スパイシーな食べ物:
これらの食品は、睡眠を妨げる、胸焼け、膨満感や不快感の原因となって、胃酸の過剰な量を生成するためです

揚げ物:
揚げ物は脂肪が高く、消化に時間がかかります。そして揚げ物を食べた後に寝る場合は、胃の痛み、けいれんや胃酸の逆流が原因で眠りが浅くなる恐れがあります

砂糖の多い食品:
砂糖はあなたのエネルギーを瞬時にブーストを与えることを意図している - ので、

炭酸飲料:
これらの飲み物は砂糖が高く、カフェインが含まれており、ガスを生成し、胃酸の逆流を引き起こします

アイスクリーム:
寝る前に低脂肪ヨーグルトや牛乳を少し取るくらいはなんの問題もありません。アイスクリームが遅い速度で消化され、脂肪を大量に含んでいます

赤肉:
高タンパクであり、また、脂肪分が高い傾向にあります。 タンパク質と脂肪の両方をゆっくり消化され、それが完全に消化される前の就寝となれば、胃の中にとどまるばあいもあります

チリ:
豆、肉、トマトソースを持つチリはベッドの前の最悪のレシピです。 豆は、ガス生産し、赤肉は脂肪、トマトソースは高い胃酸の逆流を引き起こす可能性があります

ほとんどの野菜:
ほとんどの野菜、特にブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、カリフラワーは水溶性食物繊維が高く、消化器系にゆっくり移動するるためです

オート(麦、穀物):
オートミール(ふすまの芽と大麦)はすべての消化を遅くしてガスが発生する可能性があります。水溶性食物繊維が高いです。


【記事:サエコ】
参照元:huffingtonpost

関連記事
パートナーを理解するための3つのステップ
面接の最終質問で勝つ方法
最悪の上司と上手くつき合う6つの方法

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品