0

予備校・早稲田塾、海外留学を目指す高校生を対象とした「海外進学・留学館」の設置を発表

2013年1月4日 20時00分 (2015年7月22日 11時19分 更新)
早稲田塾、「海外進学・留学館」の設置を発表
大学受験予備校「早稲田塾」は、留学や海外の大学への進学を目指す高校生を対象とした「海外進学・留学館」を2013年春に新たに設置することを発表した。


この「海外進学・留学館」では、グローバル人材を育成する大学として、企業やメディアから高評価を得ている国際教養大学と共同で開発した、英語カリキュラム「EAP(English for Academic Purposes)講座」を用いて、エッセイライティング、ディスカッション、プレゼンテーションのスキル向上を目指す他、海外進学・留学に向けたロードマップの提案などのカウンセリングなどを行う。

早稲田塾では、これまでも国際社会で活躍する人材育成を目的とした独自のグローバル教育を行ってきたが、今回設置する「海外進学・留学館」では、それらをより特化させた形で実施し、英語力・コミュニケーション力・深い教養・専門知識を身に付けた教育を行っていく。

なお、「海外進学・留学館」は自由が丘校、秋葉原校、青葉台校に設置される予定だ。

早稲田塾のオリジナルカリキュラム
早稲田塾は、オリコンが毎年実施する「顧客満足度の高い塾・予備校ランキング」において、4部門で第1位、総合1位の評価を5年間連続で取得するなど、首都圏の現役高校生に非常に人気が高い予備校であり、他予備校にはない、独自のカリキュラムを展開している。

TIME社・アップル社と提携して開発したコンテンツを使用する「英単語道場」や、音楽座ミュージカルの俳優陣と共同で開発した、ミュージカル鑑賞などによって表現力を養う「表現力開発プログラム」などだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品