【海外:アメリカ】『トモダチ作戦』に参加した2人のアメリカ海軍兵が健康被害を訴え、東京電力への集団訴訟に加わる

2013年3月12日 14時00分 (2013年3月14日 16時27分 更新)
昨日3月11日で、東日本大震災が発生してから2年が経過した。他国で大震災が起きた時に比べれば、被災地は急ピッチで復興され、日本の結束力と技術力の高さは世界を驚かせた。
だが一方で、福島の原発・放射能問題に関しては、未だに不透明な問題が山積みだ。解決されるどころか、むしろ世界中を巻き込んだ問題へと発展している。

(画像:Daily mail)

福島で被災地救済作業に加わったアメリカ海軍の2人のベテラン兵が、東京電力への集団訴訟に参加していると、イギリスの老舗紙Daily mailが伝えている。

ジェイミー・プリム兵とモーリス・エニス兵は、『トモダチ作戦』で、被災地救済の為に福島原発周辺で活動したことが原因で、健康被害を受けたと訴えている。
彼らは、作業中、繰り返し起こる気管支炎や奇妙なしこりといった症状を含め、複数の症状に悩まされた。

「私は産婦人科系の病気に罹りましたが、正確にはそれが何の病気なのかは、誰も分かりませんでした。皆ただ『ストレスのせい』と言うだけでした。
生理が止まって、緊急室に移動になってから戻ってきたのですが、かなり重っかたです。そして、また止まってしまいました。」
とプリム兵はニュース番組の取材に答えた。
エニス兵の場合は、こぶが目の間にでき、続いて顎と太腿にもできた。

震災が起きた時、韓国へ向かっていた5,000人のアメリカ海軍兵達は、急遽針路を日本に変えて、逸早く被災地へ駆けつけ救助を開始した。
「原発で何かが起こっていることを聞く2日程前から、私達は既に被災地で救助と支援物資を提供していました。
ですが、私達は『安全だ。心配することは何もない』と言われました。」
とエニス兵は述懐する。

だが実際には、福島原発で何が起こっていたか、どれだけの被害を撒き散らしていたかは、周知の通りだ。
2人の他にも115人以上の兵士が、東京電力は起こりうる健康被害に気づいていながら、福島原発に関して間違った嘘の情報を流したとして、東京電力に損害賠償を求める訴訟に署名している。

これに対して、東京電力側は、まだ裁判書類を提出していない。

【記事:りょーこ】
参照元:Daily mail

関連記事
【2ch勢い】山本太郎Twitter、母親の体調が悪くなったのは瓦礫焼却のせい
【ネットトレンド】トモダチ作戦参加の米兵8人が東電へ賠償請求「乗組員が被ばくした」
【ネットトレンド】東日本大震災の被災地に竹ぼうき100本 高知県

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」