0

「二度目がない女・・・」の共通点とは?

2013年4月24日 19時00分 (2013年5月1日 19時22分 更新)
 合コンやパーティーで「素敵だな」と思う男性と出会っても、なかなか二度目につなげられないという女性がいます。チャンス!と思うものの肩に力が入り、うまく連絡先を聞けなかったり、次の約束を言い出せなかった経験がある方も多いのではないでしょうか。

 今回は、日本でただ1人の「婚活」に特化したイメージコンサルタントとして活躍している澤口珠子さんの著書『1年以内に理想の自分で理想のパートナーを引き寄せる魔法のレッスン』から、自分が気にいった男性と“二度目の機会をつくる方法”をご紹介します。

■つかんでおくべき男性の「タマ」とは?
 澤口さんによると、「また会いたい!」と思ってもらえる女性になるためには、コミュニケーションにおいて相手の「タマ」をどれだけがっちりつかめるかがポイントになるとのこと。
 「タマ」とは相手が最も大切にしている「価値観」のことです。
 相手のタマが把握できていないと、会話の内容も的外れなものになってしまいます。できるだけ早く相手に心を開いてもらい、どんな「タマ」を持っている人なのかを理解することが、よりよいコミュニケーションのための第一歩なのです。

■相手の価値観を知る4つの質問
 では相手の「タマ」、すなわち価値観をつかむためには、どうすればいいのでしょうか。
 澤口さんは、次の4つの質問を相手に投げかけることを勧めています。

1.「幸せ」「ワクワク」
 たとえば「最近一番笑ったのは、どんな時ですか?」など、どのようなことに幸せを感じるか、どんな時に気持ちがワクワクするかをたずねるとその人の価値観が見えてきます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品