ロト6で3億2000万円を当てたオトコのその後とは?

2013年5月15日 06時00分 (2013年6月1日 06時01分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「4年で2億9000万円が消えましたが、面白くお金を使えたと思ってます」と語る久慈六郎氏

[拡大写真]

それでモテた気になっていました。

大金を持って、一番つらかったのは、誰にも言えないことです。今でも同じ会社の人間には知られていませんが、ロレックスを買っても、同僚にバレたら怖いから会社にはつけていかなかったし、外車も怖くて買えなかった。どうしても誰かに言いたくてブログを始めたんです(昨年12月に終了)。それが本になり、テレビドラマになったのだから面白いものです。

当選して1年ぐらい過ぎてから、タイ人クラブで知り合った女のコと付き合うようになって、彼女がタイに戻ると、彼女を追いかけて、ビジネスクラスで月に2回はタイに行きました。合計100回以上行ってると思います。彼女のために車やマンションも買いました。結婚しようと思って、それこそ数千万円単位で使いました。でも彼女はとっくに結婚していたんです。裏切られたというか、ダマされてましたね。

浪費したお金を取り戻すために、株やFXをやるんですが、アッという間に預金残高が3億円から1億円になって、4年で3000万円です。それで、一切預金には手をつけないことにしました。今の彼女にはロト6の話をしました。お金もそんなに残っていませんが、もうそろそろ結婚を考えてもいいかもと思って中古のマンションを買いました。お金がなくなって、ようやく幸せになれるような感じですね。

一番良かったことですか? 結局、仕事を辞めなかったことですね。もし辞めていたら、今頃僕なんて無職だと思いますから。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)