ニコニコ動画の「ゲーム実況」 腐女子の心を現在掴んでいる

2013年8月18日 16時00分 (2013年8月18日 16時33分 更新)

 最近ニコニコ動画で、「ゲーム実況」のカテゴリが人気を高めている。今年4月に幕張メッセで開催された『ニコニコ超パーティーII』でも、歓声の大きさが群を抜いて高かったのが、ゲーム実況のコーナーだった。ゲーム実況とは、いわゆる“神プレイ動画”とは異なる。足でプレイすることもないし、目隠しをしてゲームするのでもない。単に、プレイヤーが喋りながらプレイするだけなのだ。こうした実況が好きで、腐女子を自認するユウカさん(19)が語る。

「ニコニコ動画には、“歌ってみた”や“踊ってみた”というカテゴリがありますが、それをゲーム実況に置き換えると“喋ってみた”と呼べると思います。私は某4人組の実況者さんが大好きなんですけど、彼らがおしゃべりしてるのを観ているだけで1日が終わることもざらです」

 ユウカさんは、腐女子の視点で、男の子たちのキャッキャウフフ(なんだかお互い大好きそうで楽しげに絡んでいる様)に萌えているというのだ。このように、ゲーム実況に女性ファンが目立つことは、実際にイベントに足を運んでもよくわかる。実際、彼女が訪れた実況者イベントは、9割が女性客で、男性客はちらほら見られるが、女性と一緒に来た人が多かったという。

「女性の間で人気になっていることは知っていましたが、『ニコニコ超パーティーII』に行ってみると、男性も盛り上がっていたのでゲーム実況の知名度は上がってきてると感じました。女性客の中には、実況者の名前を書いたうちわを持って来たり、友達とお揃いの服で参加するなど、まるでジャニーズのファンのような振る舞いをする人も少なくないんです。腐女子だけのコミュニティよりは、キャピキャピした雰囲気です」(同前)

 そんな実況者ファンたちの萌え活動は、ニコニコ動画の視聴にとどまらず、夢小説やBL小説などの二次創作サイトが作られるほどの状況になっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品